【韓国語勉強】是非覚えてほしい韓国語まとめ:1月第2週目

◆1月7日(火)

『이미:イミ』、『벌써:ポㇽッソ』(もう・すでに)

『이미:イミ』、『벌써:ポㇽッソ』(もう・すでに)
『이미:イミ』、『벌써:ポㇽッソ』(もう・すでに)

辞書で『이미:イミ』、『벌써:ポㇽッソ』を調べると、どちらも「もう・すでに」と出るので、よく混乱すると思います。
韓国語は細かく分けて使うので、使い分けが大事ですよね!

『벌써』は、「思ったより早く、いつの間にか」という驚ぎのニュアンスが含まれています。

이미 겨울이다:もう冬だ
벌써 겨울이다:(いつの間にか)もう冬だ
って感じです^^


 

◆1月8日(水)

『뒤풀이:ティプリ』(打ち上げ、お疲れ会)

『뒤풀이:ティプリ』(打ち上げ、お疲れ会)
『뒤풀이:ティプリ』(打ち上げ、お疲れ会)

「뒤풀이」という言葉を聞いたことありますか?

「뒤+풀이」の合成語で、「뒤」は後、「풀이」は풀다(解く、ほどく、さばく)の名詞です。

イベントや会合のあとに行うパーティーや食事会、飲み会のことです。
例えば、アイドルがライブを終え、スタッフ同士で飲んだり食事したり、または、大学の新入生オリエンテーションが終わって飲み会がある場合、よく使います。

私も大学の新入生の時にこの言葉を知りました。
日本では「反省会」という恐ろしい言葉も使いますよね^^;;

「뒤풀이 갈래?(打ち上げパーティー行く?)」とよく言います。
覚えて下さいね♪


 

◆1月9日(木)

『濃音化とは?』

『濃音化とは?』
『濃音化とは?』

今日のテーマは「朴先生におまかせ!」掲示板から頂いた韓国語の発音に関してです。
皆さんが苦戦する「濃音」に関して!長くなりますが、是非知ってほしいです^^

発音の中でも「濃音」は難しい上に、濃音を如何に正しく駆使するかでネイティブっぽい発音になります。あと、성적でも[성적]と読めば「成績」、[성쩍]と読めば「性的」になるとか、発音において、とても奥が深くて大事なところです。

あらゆるテキストでは鼻音化、激音化、濃音化を説明していて、濃音化の場合、ㄱㄷㅂの次に+ㄱㄷㅂㅅㅈが来ると、ㄲ,ㄸ,ㅃ,ㅆ,ㅉと濃音化すると説明していることが分かります。

しかし、発音の現象は数学のように公式で覚えるものではありません。そもそも韓国人も生まれて耳で発音を覚えるからです。

국가[국까], 작가[작까], 듣다[듣따] ..このようにㄱㄱ,ㄷㄷと同じ子音が続く場合は濃音化すると考えてください。
あと、있다[읻따], 국밥[국빱], 식당[식땅].. などは発音をたくさん聞きながら耳で覚えてください。

レベルごとに、でき韓の音声を飽きるまで聞きながら後について読む、録音した自分の発音を聞いてみる。これよりいい発音の練習、覚え方はないと思います。

ファイト^^


 

◆1月10日(金)

『먹고 놀라고 감동하라:モッコ ノㇽラゴ カㇺドンハラ』
(食べて驚いて感動せよ)

『먹고 놀라고 감동하라』 (食べて驚いて感動せよ)
『먹고 놀라고 감동하라』(食べて驚いて感動せよ)

今日は未だ健在、デビュー18年目の東方神起のツイートからです。

チャンミン君がモッパン(食レポ)番組に出演し、食欲が大爆発したらしいです。
『먹고 놀라고 감동하라:モッコ ノㇽラゴ カㇺドンハラ』(食べて驚いて感動せよ)

「語幹+고」は先日追加した初級2でも紹介している通り、並列の表現で、日本語の「して」の意味ですよね。
命令の表現は二つあり、하라体と해라体があります。

해라:特定の相手に直接的・ぞんざいな命令。日本語の「しろ」に近い
하라:相手が不明確。行動を促すニュアンス。日本語の「せよ」に近い

ややこしい命令表現。覚えておきましょう♪