「韓国の軍隊AからZまで」

ー今の軍人の服務期間と入隊時期は?

 

201310月現在の韓国軍隊の服務期間は陸軍・海兵隊21ヶ月、海軍23ヶ月、空軍24ヶ月、公益勤務要員は24ヶ月だった。(公益勤務要員とは現役服務が難しいと判断された身体等級4級以下の人が市役所、兵務庁などの国家機関で勤務して服務を代わる制度)韓国の兵役法によると、戦時、あるいはこれに準じる事態が起こり、特別災難地域で宣布された場合は6ヶ月まで服務期間が延長されることがある。ちなみに現在の陸軍服務期間21ヶ月は歴代最短期間だそうだ。1950年朝鮮戦争以降、陸軍は36ヶ月、1977年に33ヶ月、8430ヶ月、9326ヶ月、20031024ヶ月、20122月からは現在の21ヶ月に至っている。

 

ちなみに76年に陸軍で除隊した僕の父は歴代一番長い服務期間を経験した呪われた世代、200311月に陸軍で除隊した僕は服務中に服務期間短縮案が発表され、入隊期間によりなんと1週間早く除隊することができた奇跡の世代だった!(兵長時代、事件に巻き込まれ10日間営倉(軍人刑務所)に引っ張られたため、結局、服務機関が3日も伸びた波乱万丈な軍人時代だったが・・・また詳しい話はシリーズの後で・・・)入隊の日、「俺は3年だったぞ!22ヶ月なんて瞬く間だ。頑張るんだな」と父が励ましてくれたことを鮮明に覚えている。

 

入隊時期は18歳になる11日から身体検査後、入隊可能となり、特に理由がない限り35歳までは入隊しなければならない。大学進学率が80%で世界トップレベルである韓国は大学1、2年が終わったら学業を一旦中止し(入隊休学)、兵役を終わらせ、また2、3年生で復学するのが普通だ。なので、韓国の大学では兵役前の大学生、兵役後の大学生でファッション、行動、考え方が極端に異なり、よく区別、比較する文化もある。



 

2 thoughts on “「韓国の軍隊AからZまで」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。