ハングルの書き方「ㅈ」なのか「ス」なのか!?読み方は?【韓国語 入門】


韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『ハングルの書き方「ㅈ」なのか「ス」なのか』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

「ㅈ」なのか?「ス」なのか?

インスタなどSNSを見ると、毎日日記を書いたり、アイドルにファンレターを送るために熱心に書く練習を続けている方が多いです。
韓国語を書く時、【ㅈ】なのか【ス】なのかで疑問に感じたことはないでしょうか?

この疑問については結構聞かれていて、でき韓ハングル講座でも説明があります。

こちらはいわゆる書体と筆記体の違い!
ㅈは3回でかけて印刷物やネットで使われる書体、スは2回で書けて日常で使われている筆記体なのです。

読み方はローマ字で「j」、자지즈제조(ジャ・ジ・ジュ・ジェ・ジョ)と読みます。

詳しい説明をアプリの入門:子音-平音3、【STEP3-2】発音練習(자行)の1番ページに入れました^^
是非ご参考になさってください。

こちらの記事もご参考にしてください↓
現役の講師が教える「韓国語 入門・初心者が知っておくべき勉強法と情報まとめ」

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:入門とは

入門レベルは、韓国語がまったく分からないレベルから韓国語の文字(ハングル)がやっと読める程度、挨拶や簡単な自己紹介が少しできるレベルです。

入門記事(163)

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(163)

♥この記事をSNSでシェア!