【韓国料理】タコ炒め(문어볶음)

暑い時も、寒い時も辛い物が食べたくなる僕はやっぱり純血の韓国人メラメラ

ソウルで会社員やっていた時代に毎週食べに行った辛いテナガダコ(タコより小さくて柔らかいもの)炒めが不意に食べたくなり、退社後スーパーに直行しました。残念ながらテナガダコは見つかりませんでしたが、新鮮なタコがあったので購入ビックリマーク

それで、初めてチャレンジした「タコ炒め」!初めてと言っても炒め物にはそこそこ達人になったので、あまり迷わず、作ることができました。

 

■材料:タコ、各種の野菜(ジャガイモ、キャベツ、ニンジン、もやし、玉ねぎなど)、醤油、ニンニクおろし、唐辛子、コチュジャン

 

①醤油、コチュジャン、ニンニクおろし、唐辛子、砂糖、コショウでタレを作ります

 

②タコと野菜を食べやすいサイズに切っておき

 

③野菜とタコ、タレを入れ、火を通します

 

④唐辛子と塩で辛さと味を調えます

 

⑤完成

 

東京の方が湿度が高くてソウルより暑いというのが常識でしたが、そうでもないみたいです。

実際、気温もソウルの方が高い日も多く、記事を読んだら中国からの暑い風が韓国に吹き、留まっている上に高層ビルやマンションが多くて空気が淀んでいるとのこと。確かに海が近いからかソウルより年中、風がよく吹く東京の方が涼しく感じますね。日本に来てよかった^^;;

 

僕は今日からお盆休み!明日、海に行って頭も体もすっきりしてきます。ウインク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。