「韓国の軍隊AからZまで」ー 軍人も給料をもらえる?いくら?

東方神起のメンバー二人が無事除隊しましたね!

スーパージュニアのメンバーも続々除隊し、活動を再開するそうですし、また彼らがK-popを盛り上げてくれることを楽しみにしています。

今や男性芸能人にとって軍隊は「避けられない、逆に厳しい部隊に志願し、イメージ改善や芸能活動の分岐点にする」という認識が広まっているようですが、2000年前半まで芸能人や有力な政治家、大企業の2世の兵役忌避は社会問題でした。

特に芸能人にとっては経済的な面からも「どうしても避けたいところ」でした。活動と人気の断絶に加え、莫大な収入が途切れてしまうという。

僕が服務していた2000年前半の軍人の月収は5千~7千円程度!ほぼボランティアに近い収入だったんです。

先日、また兵士給料の大幅の引き上げが話題になりました。今の軍人の給料はいくらなのでしょうか?

—————————————————–

2014年のブラジルワールドカップ、韓国の初戦で貴重な先制ゴールを決めたイ・グノ選手。彼の年俸が世界的に話題になった。イ・グノ選手が今大会に参加した全世界736人の選手のうち、最低年俸者だったことが明らかになったのだ。彼の年俸はなんと180万ウォン程度(18万円)!月収で15万ウォン(15千円)程度になる。

 

ワールドカップでゴールを決めた国家代表選手の収入がなぜ、学生のお小遣い程度のとんでもない金額なのかというと、彼はプロ選手ではなく、軍人身分だからである。韓国では国軍体育部隊があり、スポーツ分野に特技を持つ人が、兵役中もその技術が劣らないようスポーツを続けられる制度を設けている。いわば、この部隊の兵士は戦争に備えた訓練を受けるのではなく、2年間スポーツを続けることができるのだ。当然ながら軍人という身分であるため、入隊前、天文学的な年俸をもらっていた一流選手でも一般兵士と同じ月給をもらうわけである。そのせいで芸能人、権力者の息子と共にスポーツ選手は今でも兵役忌避者リストの常連さんでもあるわけだ。

*現役軍人としてワールドカップに出場し、貴重なゴールを決めた イ・グノ選手

 

国防の義務により、最も輝く20代の青春時代に2年間、国のために自分を犠牲にする軍人も、一応いくらかの月給がもらえる。お小遣い程度のとんでもない金額ではあるが、軍人にはパラダイスと呼ばれるPX(部隊内の売店)が利用できるお金をもらえるので、毎月の給料日を心待ちにしていた記憶がある。

 

それでは、軍人がもらう給料はいくらだろうか?物価上昇と兵力減少も重なり、軍人の給料も引き続き上がって来ており、2017年現在の兵士月給は、二等兵163,000ウォン、一等兵176,000ウォン、上等兵195,000ウォン、兵長が216,000ウォンとなっている。2003年当時、兵長最高月給がわずか500,00600,00ウォン(5~6千円程度)。服務期間は減り、給料はぐんと上がってきているので、入隊を控えている今の若い子が羨ましい限り・・・。あ、考えてみれば、まだ兵役を済ませていないので、羨ましいどころか可哀想だというのが正しいかも!(笑)

※2020年現在、二等兵408,000ウォン、一等兵441,600ウォン、上等兵488,100ウォン、兵長が540,800ウォン。びっくり!!

 

最近の若い子の話を聞くと、几帳面な子は衣食住が保障される軍隊であるため、給料はしっかりと貯
金して、除隊後、自分の学費や海外旅行の経費、親へのプレゼントを買う
に使うという・・・。

 

 

ニュースによると、兵士給料現実化政策により、2017年までに現在対比2倍水準まで段階的に給料を引きあげる方針だという。除隊している韓国男性なら同じ考えだと思うが、どんなに給料をもらうとしても軍隊は絶対!二度と!行きたくない所である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。