韓国語学習アプリ「でき韓」物語:誕生から現在まで

累計16万ダウンロード、毎日新コンテンツが追加される世界初の韓国語アプリとして多くの方にご利用いただいている「できちゃった韓国語(略称:でき韓)」。今日は間もなく配信2周年を迎える「でき韓」の誕生から現在までを振り返ってみたいと思います。

新大久保の学校、企業・個人レッスン、ユーチューブなど、様々な形で韓国語を教えていた私は多くの方の悩みに直面しました。

*新大久保の某学校での教師時代
*新大久保の某学校での教師時代

「韓国語を学びたいけど、韓国語教室は遠いし、しかも高くて独学しています。難しくてなかなか進みません;;;」

韓国語教室は近くにないし、高いし・・・どうしたらいいんだ!!
韓国語教室は近くにないし、高いし・・・どうしたらいいんだ!!

もう時代はユーチューブとアプリの時代。スマホさえあれば何でも手軽に学べる便利な時代になっていました。レベルごとに単語、文法が学べて、一人で発音練習や動画レッスンも見れる本格的な韓国語アプリはないかな?と思ったのが開発に着手したきっかけでした。

資金も、ビジネス的な知識も、当然アプリの開発や運営の経験も全くないまま、情熱だけで「プロジェクトでき韓」が立ち上がりました!

韓国コンテンツ振興院から紹介してもらった韓国人のエンジニアとデザイナー、取りあえず3人体制でアプリ開発に着手。もちろん、私の貯金を切り崩しての開発でした。途中でデザイナーが交替になったりと、紆余曲折の末、2018年12月にサービスを開始しました。ㅠㅠ

*初期開発メンバー
*初期開発メンバー

 

*100鈞で買ったリップを塗って発音の口元を撮影。見苦しい一枚ですㅠㅠ
*100鈞で買ったリップを塗って発音の口元を撮影。見苦しい一枚ですㅠㅠ

 

*でき韓が生まれたところは6畳のアパート
*でき韓が生まれたところは6畳のアパート。慢性的な肩こりとの戦いも辛かったですㅠㅠ

 

*企画から1年後。2019年12月でき韓配信開始!
*企画から1年後。2018年12月「でき韓」配信開始!

しかし、マーケティングなしで商品を知らせるのは不可能!当然予算のない私は取りあえず、チラシを作成し、街に出ました。デジタル時代にアナログ手法でがむしゃらに宣伝に取り組んだんです。

*韓国文化院ロビーでチラシ配布
*韓国文化院ロビーでチラシ配布

 

*新大久保の店を回りながら店長の協調の上、チラシ配布
*新大久保の店を回りながら店長の協調の上、チラシ配布

 

*ハングル検定試験場でチラシ配り
*ハングル検定試験場でチラシ配り

 

*都内の勉強会や交流会に参加
*都内の勉強会や交流会に参加

 

*日韓交流会の特別講座
*日韓交流会の特別講座

 

新大久保の店で冷たく断られたり、新大久保駅までチラシを配ってもなかなか受け取ってくれなかった時は本当に心が折れました。
しかし、でき韓を知らせたい!という思いでめげずに宣伝活動をつづけました。

すると、配信開始半年足らずで最大級のアプリレビューサイトでおすすめ1位を獲得!某新聞社の協力により、新大久保のスクリーンで動画広告!そして、いろんな媒体でインタビュー、アプリが特集されるようになりました。

 

11月には日テレ「THE SOCIAL」にゲスト出演、生放送番組でアプリや日韓関係について語ることができました。

でき韓は他にも、韓国文化院、仁川観光広報大使、各メディアやブロガー、ユーチューバーがおすすめするなど、多くの方にご利用されているアプリとして成長しました。2019年ユーザー満足度調査では満足度90%、学習効果についても立証されています。

*韓国文化院、仁川観光広報大使、ブロガーのおすすめアプリ
*韓国文化院、仁川観光広報大使、ブロガーのおすすめアプリ

 

*人気ユーチューバーおすすめアプリ
*人気ユーチューバーおすすめアプリ

 

*韓国語ジャーナル「hana」で紹介
*韓国語ジャーナル「hana」で紹介

 

*食品メーカーGOSEIとコラボ
*食品メーカーGOSEIとコラボ

 

「でき韓物語」いかがでしたか?
取りあえず、がむちゃらに取り組めばできないことはない!軍隊で学んだ精神でここまで来ることができたと思います。

当然、私一人の力でもなく、いろんな手助けや力添えがありました。そして、何より応援してくださったユーザーさんの存在がここまで来ることができた原動力でした。でき韓はベトナム語版、英語版、そして、学習用ブログ「でき韓ブログ」のサービスを開始するなど、スマホだけで手軽に韓国語が学べる環境作りに尽力しています。

皆さんと共に成長してきた「でき韓」をこれからもよろしくお願いします^^♥