돕다, 덥다, 덮다の意味、発音の違いと使い方を例文で解説【間違いやすい韓国語 単語】

돕다, 덥다, 덮다の意味の違いと使い方
돕다, 덥다, 덮다の意味の違いと使い方

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『돕다、덥다、덮다の意味の違いと使い方』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

blank

韓国語でも当然ながら同音異義語や発音が似ている言葉が沢山存在ます。今回は発音が似ている単語を紹介します。

돕다、덥다、덮다の違いと使い方

レッスンの単語テストの際はやっぱり発音が全く同じか、似ている単語は間違いがちです。
今回は発音が非常に似ている単語3つが見つかりました。

돕다(トプタ):手伝う
덥다(トプタ):暑い
덮다(トプタ):かける

先ず、덮と덥は発音が全く同じ。돕は口を丸めて、덮と덥は돕より口を開けるのがポイントです。
一瞬の開け方の違いですが、これで全く違う単語になるので、注意が必要です。
不規則による言葉の変化も以下の例文から覚えておきましょう!

돕다、덥다、덮다の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 친구가 도와줬어요(友達が手伝ってくれました)
    ※不規則により돕다+아=도와になります。
  • 요즘 날씨가 더워졌어요(最近、天気が暑くなりました)
    ※不規則により덥다+어=더워になります。
  • 엄마가 이불을 덮어줬어요(母が布団をかけてくれました)
  • 한 번 더 도와주세요!(もう一度手伝ってください!)
  • 이것 좀 도와줄 수 있어?(これを手伝ってくれる?)
  • 덥다, 에어컨 틀까요?(暑い。エアコンを点けましょうか?)
  • 나 얼굴 빨개진 것 같아, 덥다.(僕の顔赤くなったと思う。暑い。)
  • 회색 담요를 덮고 있었다(灰色の毛布をかけていた)
  • 덮는 거야?(かけるの?)

まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、韓国語の単語「돕다、덥다、덮다」の違いと使い方について解説いたしました。
このような発音が似ている単語はネイティブの発音を沢山聞くこと、違いを意識しながら声に出して読むことで覚えるのが一番いいです^^

こちらの記事のご参考にしてください↓
間違いやすい韓国語:소풍, 소품の違いと使い方を例文で解説【韓国語 単語】

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインでお得な情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(357)

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(340)

♥この記事をSNSでシェア!