【7年間ありがとう】

年末年始連休が始まった2012年12月末、親の反対も振り切って決断した日本での生活。住み着いたところは2階建てのアパートでした。

6畳の狭いアパート、こんな小さい家があるんだ、小さくても何でもあるんだーと感心しながら毎日バタバタする暮らしが始まりました。気が付いたらもう7年が経っていました。

ここで寝たり、ご飯を食べたり、いろんな動物に出会ったり、休んだり、笑ったり、悲しんだり、挫折したり、落ち込んだり、たまには恋をしたり、ハングル講座を作ったり、アプリもここで生まれました。

まさに僕にとっては「夢見る工房」でした。

今日、そんな家を片付け、引っ越してきました。

大家さんには「7年間ありがとうございました。お世話になりました」と言ったら「こちらこそありがとう。朴さんは家賃の滞納もなく、助かったよ(外国人が主に暮らす物件だからか)。さよなら」と言ってくれました。

なんとも言えない感情で涙が出てしまいました。

新しい気持ち、新しい心構えで引き続き頑張りたいと思います!^^

  • 有料より良い無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」