「おっさん旅 第2弾 in 北海道(아저씨여행 제2탄 in 홋카이도) 1日目」

突然鬱に襲われ、なんとか気持ち切り替えようと始めたジュニ先輩との旅、名づけて「おっさん旅」!ニコニコ

社会人になってから旅行は彼女と行くものだと思っていたが、大学時代からの有名な仲良しだったジュニ先輩と伊豆に行ってみたら、気を使うこともなくとても楽だったので、(夜はさすがに寂しいけどw)第2弾は前から行きたかった北海道旅行を企画しました。

最初は沖縄と韓国からより近くて安いグアムやサイパンなども検討しましたが、どうしても地上の楽園、パラダイスでジュニ先輩といたくはなかったので、夏が最高だといわれる北海道にしました。アップ

出発の飛行機はなんと朝6時、 女性の生徒さんに空港で寝たけど、チケットが安かったという情報を入手、男同士だし、いい経験になるかなと思って素早く予約、終電で空港に向かいました。

し、か、し・・・。スーツケースを持って行き来する人、掃除する人などで眠れる環境でない上に、頑張って稼いだ旅行経費の日本円と脱いでおいた大切な限定版スニーカーを盗まれるんじゃないかという余計な心配で一睡も眠れず、ジュニ先輩と僕はぼーっとしたまま、千歳行きの飛行機に乗りました。空港での一泊は無理なので、みなさんご参考に!^^

一睡もできず一日中ハードな徒歩旅を消化できるかという不安がいっぱいのまま、「おっさん旅 in 北海道」はその幕を開けました。合格

1日目は札幌と小樽。札幌駅に降りたらまず、秋のような涼しい風と暖かい日差しに驚き、眠気が吹っ飛んじゃいました。

blank

blank
*開拓で作られた計画都市である札幌は車道が広いのが特徴!

blank

blank

 

blank

blank

blank

blank

*大通り公園でずうずうしい韓国人おっさん二人はベンチを貸しきってちょっとだけ昼寝。


blank

blank

 

blank

blank

blank

blank

 

*小樽は可愛い工芸品が多いから女性は特に楽しいかも!

blank

blank

*小樽運河は夜景が綺麗らしいけど、昼はちょっと地味。

blank

 

blank

blank

blank

blank

*ちょうど向かい側に韓国人の夫婦が!

blank
*すぐ赤くなっちゃう僕はここでしか飲めないビールも飲めずにソーダ(子供ですね。泣)

blank

blank
美味しい店を探してるかなと思ったら先輩はしばらく可愛い女の子の後ろを追っていた。(笑)



blank

*さすが札幌ラーメン!

blank

blank

blank

*なんで地下鉄の騒音がこんなにすごいんだ!と思ったら窓を開けたまま運行。

blank

blank

blank

blank

前からゲストハウスも気になってましたが、初めて泊まることができました。結構綺麗で安かったので満足!


一睡もできなかったおっさん二人が何とか倒れることなく一日目のスケジュールを済ませたのはきっと、東京とは違う涼しくてさっぱりした空気と暖かい日差しのおかげだったと思いました。

二日目も続きます!音譜

 

♥この記事をSNSでシェア!