『自殺共和国 韓国』<1>自殺した有名人・芸能人

好きだった女性芸人パク・ジソンさんが先日自殺し、韓国にまた衝撃が走りました。相次ぐ自殺は芸能界と有名人だけの話ではありません。
韓国は13年間、自殺率が世界一。「自殺共和国」とも言われています。

何故、韓国はあれだけ自殺率が高いのか・・・私は今まであまり目を向けていなかった韓国の自殺、その原因と背景を調べました。そして、韓国社会に潜んでいる闇と苦しい現実に向き合わなければいけませんでした。

コラム『自殺共和国 韓国』では、2回にかけて韓国と日本を驚かせた有名人の自殺、そして、なぜ韓国人は自殺するのかについて語りたいと思います。


 

*画像出典:連合ニュース
*パク・ジソンさん(画像出典:連合ニュース)

 

*ギャグコンサート時代のパク・ジソンさん
*ギャグコンサート時代のパク・ジソンさん(画像出典:KBSユーチューブチャンネル)

先日、驚きのニュースがまた韓国を震撼させました。人気女性芸人パク・ジソンさん(36歳)が母親と自殺したというニュースでした。
個人的には大学生だった2007年、彼女が出演するKBSの人気お笑い番組「ギャグコンサート」のチケットが当たり、生で彼女の舞台を見たので、とても驚きました。
日光に当たるとアレルギーを発症する持病が原因と言われています。自殺した娘を発見した母もその後、遺書を残し自殺したと知られています。

・女優 チェ・ジンシルさん

*画像出典:KBS ユーチューブチャンネル
*画像出典:KBS ユーチューブチャンネル

 

*画像出典:世界日報
*チェ・ジンシルさん(画像出典:世界日報)

しかし、有名人が自殺で命を落とすことは韓国ではもう普通のことになってしまいました。
最も記憶に新しいのは2008年トップ女優チェ・ジンシルさん(当時40歳)の自殺です。朝、出社中にラジオのDJが涙ぐんだ声で彼女の死を伝えていた記憶があります。

彼女は元旦那で日本の読売ジャイアンツでも活躍したプロ野球選手チョ・ソンミンさんとの暴力事件、離婚後は知人との金銭に関するデマがネット上で広がり、首を吊って自殺。すると、その知人、マネージャー、元旦那、弟が次々と自殺、最も最悪な有名人の自殺事件になりました。

・俳優 パク・ヨンハさん

*画像出典:連合ニュース
*パク・ヨンハさん(画像出典:連合ニュース)

2010年、俳優パク・ヨンハさん(33歳)の自殺も日韓のファンに衝撃を与えました。
『冬のソナタ』の大ヒットにより、日本でも一躍スターになっていましたが、父親のがん闘病、事業と芸能活動の並行に伴うストレスが自殺の原因だったと言われています。

・アイドルの自殺が急増。「シャイニー」ジョンヒョンさん、「f(x)」ソルリさん

2017年からは有名人の自殺が更に急増。その中には人気アイドルメンバーもいて、日本でも衝撃が走りました。
日本でドームツアーを行うなど、人気絶好調だったグループ「シャイニー」のジョンヒョンさん(当時27歳)が遺書を残し、褐炭を使って突如自殺。遺書には長い間、心の闇で苦しんでいたと綴っていたそうです。うつ病による自殺と言われています。

*画像出典:YTN
*ジョンヒョンさん(画像出典:YTN)

 

*ソルリさん(画像出典:SBS)
*ソルリさん(画像出典:SBS)

2019年もトップアイドルの自殺が続きました。ガールズグループ「f(x)」出身のソルリさんが25歳の若さで自殺。グループ離脱後、女優として活動するも、自由奔放な言動、私生活がネット上で激しく非難。さらに妊娠説、中絶説など、悪質な書き込みが続き、結局、自殺してしまいました。

・「KARA」ク・ハラさん

*「KARA」ク・ハラさん(画像出典:TV朝鮮)
*ク・ハラさん(画像出典:TV朝鮮)

翌月はソルリさんの親友でグループ「KARA(カラ)」出身のク・ハラさん(29歳)も褐炭を使って自殺しました。
お尻ダンスで日本でも一躍人気ガールズグループになったKARA、その中でもク・ハラさんは安室奈美恵さんに似たキュートなルックスで人気を集めました。

しかし、日韓での大成功にも関わらず、グループ解体後は彼氏との暴力事件、リベンジポルノ事件が続き、数回自殺を図っていました。
そして、日本で単独コンサートが終わって間もない2019年11月に自ら命を落としてしまいました。

*ク・ハラさんとソルリさん(画像出典:ク・ハラさんのインスタグラム)
*ク・ハラさんとソルリさん(画像出典:ク・ハラさんのインスタグラム)

背景には、親の離婚により愛されず育った過去、裁判を行っていた元カレによるリベンジポルノがネットで広まったという噂が彼女を自殺に追い込んだと知られています。
残念ながら、彼女の自殺後は、養育をきちんと行わず、親権まで諦めていたが現れ、遺産争いの裁判が行われている最中です。

そして、ご存じの方も多いと思いますが、家族の横領や賄賂の問題で大統領が自殺したり、セクハラ問題が浮上し、現職のソウル市長が自殺する事件もありました。

この世にはいろんな形の死がありますが、「自殺」より悲しい死がありますでしょうか?このように有名人の自殺を改めて記事にしていると、心が本当に苦しくなりました。

『自殺共和国 韓国』<2>では、なぜ韓国人は自殺するのか、その原因と背景について語りたいと思います。

『自殺共和国 韓国』<2>なぜ韓国人は自殺するのか