【韓国語質問】즐겁다, 재미있다, 신나다(楽しい)の違い、使い分け

◆質問

楽しいという意味の즐겁다は、あまり使われなくて、재미있다の方が良く使われると聞いたのですが、それなら즐겁다はいつ使われますか?

 

◆答え

仰る通りです。楽しいは韓国語で大きく「즐겁다, 재미있다, 신나다」3つの形容詞が存在します。
広い範囲で「楽しい」という意味なので、置き換えができる時もありますが、若干ニュアンスの違いがあるので、使い分けをしっかり覚える必要があります。

즐겁다(チュㇽゴプタ):楽しい
※基本的な「楽しい」。しかし、意味が広いので以下の具体的な言葉が会話でよく使われます。

재미있다(チェミイッタ):楽しい(+面白い)
※面白くて楽しい

신나다(シンナダ):楽しい(+気持ちがうきうきする)
※気分が浮かれて盛り上がって楽しい

・例文
「友達と楽しく遊びました」 ※楽しく、面白く、気分が浮かれたので、どれもOK。ただ、日常会話では즐겁게より재미있게, 신나게の方がよく使われます。
친구와 즐겁게 놀았어요(O)
친구와 재미있게 놀았어요(O)
친구와 신나게 놀았어요(O)

「この映画、楽しいです」 ※面白くて楽しいという意味なので재미있다が自然
이 영화 즐거워요(X)
이 영화 재미있어요(O)
이 영화 신나요(X)

「楽しい音楽が聴きたいです」 ※気持ちが浮かれる、盛り上がる音楽という意味なので신나다が自然
즐거운 음악이 듣고 싶어요(X)
재미있는 음악이 듣고 싶어요(X)
신나는 음악이 듣고 싶어요(O)

「즐겁다」はこのような形としても使います。
즐거운 인생(楽しい人生)
3D영화는 눈과 귀가 즐겁다(3D映画は目と耳が楽しい)
즐겁게 살고 싶다(楽しく暮らしたい)

いかがでしょうか?^^