했더니と해서の意味の違いは?使い分け方を例文で解説【中級 韓国語】

했더니と해서の違いは?使い分け方を例文で解説
했더니と해서の意味の違いと使い分けを教えてください
【質問】 勉強したら試験に合格した 공부를 했더니 시험에 합격했어요と공부를 해서 시험에 합격했어요は何が違いますか?
 
【答え】

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。

無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。

今回は、『했더니と해서(したら、したので)の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

했더니と해서の意味の違いと使い分け

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、違いと使い分けを説明します。

まず、以下のように言い方が違うだけでどちらも通じます。

  • 열심히 공부를 했더니 시험에 합격했어요(一生懸命に勉強をしたら試験に合格しました)
  • 열심히 공부를 해서 시험에 합격했어요(一生懸命に勉強をして・したので、試験に合格しました)

そして、더니は「語幹+더니」と「語幹+았/었더니」二つが存在していて、

「語幹+더니:と思ったら、したら、のに」※主語は自分以外
「語幹+았/었더니:したら」※主語は1人称(自分)

主語により文法が分かれるので、注意しましょう!

  • 동생이 열심히 공부를 해서 시험에 합격했어요(弟が一生懸命に勉強をして試験に合格しました)(〇)
  • 동생이 열심히 공부했더니 시험에 합격했어요(✕)
  • 동생이 열심히 공부하더니 시험에 합격했어요(弟が一生懸命に勉強をしたら・したと思ったら試験に合格しました)(〇)

공부를 해서の「語幹+아서/어서」は原因と理由を表す文法、勉強をした結果、試験に合格したという原因をより強調する表現。
공부하더니の「語幹+더니」は単純に主語(弟)の行動による結果を語る表現です。
공부를 했더니の「語幹+았/었더니」は主語(自分)の行動による結果を語ります。

言い方の違い、主語により正しく使ってくださいね^^

했더니と해서の違い まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、韓国語 했더니と해서の意味の違いと使い分けを例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

この記事のまとめ

  • 「語幹+아서/어서:ので、して」※原因・理由とその結果
  • 「語幹+더니:と思ったら、したら、のに」※主語(自分以外)の行動による結果
  • 「語幹+았/었더니:したら」※主語(自分)の行動による結果

こちらの記事もご参考にしてください↓
던데, 는데, 더니(したけど、したのに)の違いと使い分けを例文で解説


韓国語学習の有益な情報

でき韓では、韓国語学習に役立つ様々な情報を発信しております!

無料アプリで韓国語学習

単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語学習アプリ「でき韓」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら

韓国語学習無料アプリ-でき韓アプリをダウンロード
でき韓 LINE友だち追加

でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう!

LINE友だち追加

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(314)

韓国語学習:上級とは

上級レベルは、専門分野において必要な言語(ハングル)をある程度理解と使用ができ、政治・経済・社会・文化などの身近なテーマについて理解し、使用できます。 口語、文語的な言語(ハングル)を適切に区分し、使用できます。 ネイティブ程度までではないが、自己表現を問題なく話すことができます。

上級記事(315)

♥この記事をSNSでシェア!