긴장하죠?、긴장되죠?(緊張するよね)の違い・使い分けは?【韓国語 中級】

긴장이 하죠?、긴장이 되죠?の違いは?
긴장이 하죠?、긴장이 되죠?(緊張するよね)の違いは何ですか?
◆質問

안녕하세요!”이때가 제일 긴장이 되죠?”という文があって、日本語だとこの場合하다のが自然な気がするのですが”긴장이 하죠?”でも置き換え可能ですか?
もし可能であればニュアンスの違いを教えて下さい。また日本語で”する”という意味を韓国語にすると되다を使う場合もありますか?

◆答え

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。

無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。

今回は、『긴장하다、긴장되다の違い・使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

긴장하다, 긴장되다の違い・使い分け

안녕하세요^^

긴장하다, 긴장되다、どれも日本語だと「緊張する」で、긴장하다は自分から緊張してしまうこと긴장되다は受け身の表現なので、周りの環境や原因により、緊張してきたというニュアンスの微妙な違いがあります。なので、どちらも通用することが多いです。

ネットでは、過去を振り返る時は긴장하다、リアルタイム、強調したい場合は긴장되다とか分かりづらい説明もありましたが、上記のニュアンスの違いがあるだけで置き換えて使えます。

例文

    「面接の時、とても緊張しました」
  • 면접 때, 너무 긴장했어요(自ら緊張しちゃったというニュアンス)
  • 면접 때, 너무 긴장됐어요(面接が原因で)
    「舞台に立つといつも緊張します」
  • 무대에 서면 항상 긴장해요(自ら緊張しちゃったというニュアンス)
  • 무대에 서면 항상 긴장돼요(舞台という環境のせい)
    「ここで一番緊張しますよね」
  • 이때 제일 긴장을 하죠?(自ら緊張しちゃったというニュアンス)
  • 이때 제일 긴장이 되죠?(何かの原因で)
  • ※助詞は、긴장을 하다は을、긴장이 되다は이なので違います。

どれもありですが、このような違いがあります。

긴장하다, 긴장되다の違い・使い分け まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、「긴장하다, 긴장되다」の意味の違いと使い分けを例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
‘緊張する’は韓国語で?긴장하다と긴장된다, 떨다と떨리다の違いと使い分け

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(315)

韓国語学習:上級とは

上級レベルは、専門分野において必要な言語(ハングル)をある程度理解と使用ができ、政治・経済・社会・文化などの身近なテーマについて理解し、使用できます。 口語、文語的な言語(ハングル)を適切に区分し、使用できます。 ネイティブ程度までではないが、自己表現を問題なく話すことができます。

上級記事(316)

♥この記事をSNSでシェア!