【韓国語質問】”긴장이 하죠?””긴장이 되죠?”(緊張するよね)の違いは何ですか?

안녕하세요!”이때가 제일 긴장이 되죠?”という文があって、日本語だとこの場合하다のが自然な気がするのですが”긴장이 하죠?”でも置き換え可能ですか?
もし可能であればニュアンスの違いを教えて下さい。また日本語で”する”という意味を韓国語にすると되다を使う場合もありますか?

◆答え

안녕하세요^^

긴장하다, 긴장되다、どれも日本語だと「緊張する」で、긴장하다は自分から緊張してしまうこと、긴장되다は受け身の表現なので、周りの環境や原因により、緊張してきたというニュアンスの微妙な違いがあります。なので、どちらも通常することが多いです。
ネットでは、過去を振り返る時は긴장하다、リアルタイム、強調したい場合は긴장되다とか分かりづらい説明もありましたが、上記のニュアンスの違いがあるだけで置き換えて使えます。

・面接の時、とても緊張しました
면접 때, 너무 긴장했어요(自ら緊張しちゃったというニュアンス)
면접 때, 너무 긴장됐어요(面接が原因で)

・舞台に立つといつも緊張します
무대에 서면 항상 긴장해요(自ら緊張しちゃったというニュアンス)
무대에 서면 항상 긴장돼요(舞台という環境のせい)

・ここで一番緊張しますよね
이때 제일 긴장을 하죠?(自ら緊張しちゃったというニュアンス)
이때 제일 긴장이 되죠?(何かの原因で)
※助詞は、긴장을 하다は을、긴장이 되다は이で違います。

どれもありですが、このような違いがあります。

いかがでしょうか?^^