【韓国文化】韓国の地下鉄の話-2

学生時代から現在、会社にも地下鉄で通勤していて殆ど毎日地下鉄を利用している私ですが、これほど慣れている韓国人の私でも不愉快になる時が時々あって、実は今日も嫌なことがありました。韓国の地下鉄は韓国人のマナーの悪さを感じるには一番いい所かもしれません。韓国に一度でも訪問したことがある方なら知っていると思います。

まず、地下鉄に乗る前のエスカレート・・デパートかスパーマーケットでも大体一緒ですが、ここからマナーなんて知らない、僕だけは気にしたくないという風に行動する韓国人がよくいます。エスカレートの左側は急ぎの人が通るように空けておくのがマナーなのに日本とは違ってそんな意識さえ持っていない韓国人が多いです。

地下鉄に乗ると、、まず雰囲気から日本とは大分違います。初めてJRを乗ったとき「なんでこんなに静かのか!?」とびっくりした私ですが、それに比べて韓国の地下鉄はいい意味で「生き生きとする」、悪い意味では「騒がしい」です。スマホいじったり本を読んだり音楽を聴いたりするのは大体一緒ですが、周りをあまり気にせず大きな声で電話したり友達と話したり・・しかも、韓国の地下鉄ではぐるぐる電車の中を回りながら商売をする「商売さん」さえいるのでかなり「生き生きと」しています~^^;; 外国人からすると面白いと思えるかもしれません。

日本の電車に乗って一番驚いたのは通話ができないことでした。静かなのはいいですが、不便ですよね。韓国の電車の中には「携帯の通話は静かに・・」と書いてあるだけなので韓国、日本の地下鉄文化と意識は桁違いだと思います。

気が短いせいか、降りる人がまだ降りていないのに乗り込んでくる韓国人が多いのも問題です。
いつも「迷惑」をかけないように気を使っていて新聞も小さく折って読んでいる日本人とは違って、誰かが大きく新聞を広げて読んでいても全然気にせずに友達になったように横目で一緒にその新聞を読む韓国人・・

世界から指摘されている通り、韓国人のマナー意識はまだ薄いですが、頑張って生きている庶民の素顔が発見できる、お年寄りに普通に席を譲る韓国人の優しさが感じられて、いつも元気があぶれるのは韓国の地下鉄ならではの魅力なのかもしれません。

みなさんも是非韓国の地下鉄に乗って韓国の素顔を発見し、本当の韓国が感じられるきっかけとなるといいですね!

 

  • 有料より良い無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」