【韓国文化】韓国の地下鉄の話「韓国人のマナーの悪さが体験できる所、だからこそ本当の韓国が感じられる所」

タイトルをずっと悩んでやっと決めましたが、何か長くなりました・・><;
今回からは今までの話とは違って韓国のいい話ばかりではなく、いろんな面からの韓国や韓国文化の話を語っていきたいと思います。みなさんにいろんな韓国を知ってもらいたいので、できるだけ嘘のない様々な話をしていきますので応援お願いします!^^

今回は始めに「韓国の地下鉄文化」について紹介します。 まず、日本とはまったく違う韓国の地下鉄の概念からです。
私も東京に行ってから分かりましたが、日本は電車(JR)+地下鉄(東京METRO)の体制ですね。まあ、みなさんも殆ど知っているとは思いますが、韓国はそれが区別されていなく地上を走る電車が地下に下がったり、また地上に上ったりする形です。

ただ、運営だけは路線によって政府機関である鉄道庁(KORAIL)、ソウル地下鉄公社(ソウルMETRO)、ソウル都市鉄道公社、、こう三つの会社がしています。
元々一つの国家機関が運営してきたものを路線の拡大による運営の効率化のために今のような分離運営体制になったと言えるでしょう。 なので、名前も一般的には「電車」と「地下鉄」をあまり区別せずに使っていて、電車が地下を走ると地下鉄になってしまうわけです~

料金は日本に比べると大分安くて幸せです~
年々高くなっていますが、基本料金が900ウォン(2020年現在 1,250ウォン)、定期券かカードを使うと800ウォンで乗れるし、2004年に入ってからはバスとも乗り換え割引が適用されるのでお得でさらに便利です。

みなさんは韓国の電車に乗ったことがありますか?
数多くの市民が利用する電車だけに本当の韓国が感じられる所ではないでしょうか?多分面白い所、嫌な所などいろんな所からビックリしたり、ショックを受けたりしたと思いますが・・


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。