【韓国文化】韓国の風呂文化の話 「おばあさん達から若いカップルまで全国民に愛されているチムジルバン」

=>ワールドカップの時、チムジルバンで開かれた単体応援戦~

ずっと悩んでいた今回のテーマは「韓国の風呂文化」です。
もう経験のある方もいると思いますが、みなさんは韓国の風呂文化というと何が思い浮かびますか?
垢すり、チムジルバンではないかと思いますが・・^^
今回は韓国だけの独特な風呂文化について日本と比べながら話してみたいと思います。その中で、まず「韓国のチムジルバン文化」を紹介します!

2004年2月、友達と関西自由旅行にチャレンジした私、最後の日、私たちの日程は大阪にある「スパーワールド」でのサウナに行くことでした。大規模のチムジルバンに慣れていた私もスパーワールドの規模の大きさと施設には驚きました。もう一つちょっと驚いたことは・・日本人はみんなタオルを腰に巻いていたことでした。
日本人って真っ裸だと恥ずかしいと思うかな!と日本の風呂文化に興味津々だった記憶があります。

=>2004年2月初めての日本旅行、大阪スパーワールドの前で・・


それではみなさん、そんな日本の風呂文化と比べながら韓国の風呂文化を体験してみませんか?じゃあ、私についてきてください~最近、韓国にはいろんな形のサウナ、トレーニング室、睡眠室などの施設を備えている大型チムジルバンが流行なのでソウルにあるチムジルバンに案内します~!

あ、行く前に韓国語の勉強!!「チムジルバン(찜질방)」って どういう意味なんでしょう??

まず、「サウナ=チムジルバン」に置き換えると理解しやすいです。「チムジルバン(찜질방)」は「찜질=湿布、罨法」「방=部屋」の合成語なので湿布、罨法する所という意味になります。なので韓国人は俗語で「찜질방에 지지러 가자!(チムジルバンへ煎りに(焼きに?)行こう!」ってよく言います。(笑)

チムジルバンに行く前に準備するものがあります。石鹸、シャンプ、タオルなどはただでもらえるので持っていかなくていいですが、家で使っていた馴染みの垢すりタオルは忘れず持っていったほうがいいです。もちろんチムジルバンでも500ウォンで買えます!

=>チムジルバン休憩広場

料金はチムジル専用の服の貸与金を合わせて7千ウォン~1万ウォンくらいです。ロッカーで服などの持ち物を全部入れて裸になると恥ずかしがらずに早速風呂に向かいます。
サウナに行く前に簡単なシャワーを済ませ、チムジルバン専用の服を着ると、韓国のサウナ(チムジルバン)巡りをする準備は完了~!!
温度によって、材質によって黄土室、塩室、そして冷蔵庫の中のようなアイス室などがあるのでいろんな形のサウナが満喫できます。汗びっしょりになると、広くて涼しい休憩室に戻り、集まっている人々とテレビを見ながら売店で売っている韓国の伝統的な飲み物「シッケ」を飲みます。サウナから出てこれを飲むと、まるで天国にいるような気分になります。もっとゆっくりしたい人はスマホで映画を見たり、睡眠室でちょっとだけ昼寝してから、いよいよお風呂に入ります。
汗をかいてちょっとヘトヘトになるかもしれませんが、垢すりを始めます。綺麗になるため最後まで頑張ります~!!お風呂入って、体隅々まで垢すりし、シャワーを浴びるとすっきりして体は鳥のように軽々しくなります。

おばあさん、おばさん達の親睦、お喋りの場所として人気であったチムジルバン。最近では若者のデートコースとしても大人気です。たまに行ってみると手を繋いで仲良くサウナを楽しんでいて、サウナの中をもっと熱くするカップルが多く目につきます。
チムジルバンには映画鑑賞室、休憩室、インターネット室など楽しむことも沢山あり、安く、ゆっくりと楽しんでもらえるのでデートコースとしても最高だと思います。何よりもチムジルバンは体内の老廃物を排出、皮膚美容、ダイエット効果もあるので、男女老若にかかわらず人気を集めています。

さぁ、韓国のサウナ「チムジルバン」、いかがでしたか? まだ、チムジルバンへ行っていない方は今度韓国にいらしたら是非体験してみてください。韓国の風呂文化が分かり、旅行の疲れも一気にとれると思います。

引き続き、次は【韓国の風呂文化の話】―「垢すり」 です。お楽しみに~!

 

“3”へのコメント(3)

  1. さなえ のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    初めて知りました!
    勉強になりますo(^o^)o
    ありがたいサイトです(笑)

    次回の垢擦りも楽しみです♪

  2. naka20 のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    釜山でチムジルバン行こうと思いましたが、寒さと不安であきらめました。ロッテホテルのサウナで我慢しました、無料だし~~。次回韓国で絶対体験します。(日本でもこれに似た場所はありますが~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。