日本在住 韓国人の日記「親父、頑張って!(아부지 힘내세요!)」

今年の春、心臓の簡単な手術を受けた親父。その後、症状が悪化し、昨日6時間の心臓の大手術を受けました。

何とか手術は無事終わったらしいですが、まだ集中治療室で呼吸器に依存しているそうです。

・・・・・・。

赤ちゃんの時から大人になるまで、いつも写真を撮ってくれた人。そのせいで、写真の中ではなかなか写っていない人。

blank

blank

もう66歳で二人の孫を持つお祖父さんですが、まだまだ怖かったり、柱のように心強い存在。

blank

blank

blank

焼酎一杯で真っ赤になるほど、飲めない人だったが、厳しい社会生活でお酒とタバコに鍛えられ、今は眠くないと言って毎日のように焼酎を飲むようになってしまった人。

blank

blank

blank

blank

5人家族の生計を担った男は必死に頑張ったおかげで、ソウル最年少の私立高校の校長の座に上り、珍しく定年を過ぎて64歳で引退しましたが、もう体はだめになっていました。

・・・・・・。

素晴らしいカメラもあるし、写真サークルで習ったスキルで素敵な写真もいくらでも撮ってあげられるのに、今、僕にできることは何もありません。

親父。俺、日本で料理もそこそこ上手になって、実家帰ったら、親父が好きなデンジャンチゲも作ってあげるから、早く元気になってその穏やかな笑顔を見せて!

あと、子供の頃から聞いておぼろげに記憶に残っているハモニカの演奏もまた聞かせて!

親父、頑張って。一度も言えなかったけど、本当に愛しています。。

 

blank

♥この記事をSNSでシェア!