‘涼しい’は韓国語で何?시원하다、쌀쌀하다、선선하다の違いと使い分け

시원하다、쌀쌀하다、선선하다の意味の違いと使い分け
‘涼しい’は韓国語で何?시원하다、쌀쌀하다、선선하다の意味の違いと使い分け

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『시원하다、쌀쌀하다、선선하다の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

韓国語の微妙なニュアンスの違いにより細かく分けて使う言葉が多いですよね。시원하다、쌀쌀하다、선선하다もそうです。

시원하다、쌀쌀하다、선선하다の意味

まず、辞書ではこのように説明しています。

시원하다(ソンソンハダ):爽やかだ、すがすがしい、爽快である、涼しい
쌀쌀하다(サㇽサㇽハダ):肌寒い、冷え冷えとしている、冷ややかだ
선선하다(ソンソンハダ):涼しい、爽やかだ

NAVER辞典

시원하다、쌀쌀하다、선선하다の違いと使い分け

시원하다、쌀쌀하다、선선하다の意味の違いと使い分け
시원하다、쌀쌀하다、선선하다の意味の違いと使い分け

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、違いと使い分けを説明します。
このように辞書の説明だけだと、違いがよく分かりませんよね。

시원하다(シウォンハダ:涼しい、すっきり・さっぱりしている、冷たい、気持ちいい)
※시원하다は様々な使い方があります。以下の動画を是非ご参考にしてください。

쌀쌀하다(サㇽサㇽハダ:肌寒い、冷える)
※季節的には晩秋など、結構肌寒くて冷える感じ。

선선하다(ソンソンハダ:爽やかで涼しい)
※主に季節の変わり目である秋に使います。寒さから温かさに切り替わる春には使いません。

寒さ的には「선선하다<시원하다<쌀쌀하다<춥다(寒い)」という感覚ですね。

시원하다、쌀쌀하다、선선하다の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 에어컨을 켜서 시원하다(クーラーをつけたから涼しい)
  • 아침저녁으로 쌀쌀하다(朝晩は肌寒い)
  • 10월 되더니 선선하다(10月になると涼しい)
  • 도쿄도 겨울은 춥다(東京も冬は寒い)
  • 날씨도 좋고 게다가 바람도 시원하다(天気もいいし、その上、風も涼しい)
  • 오늘 좀 쌀쌀하던데(今日肌寒かったよ)
  • 이제 선선한 바람 부는 저녁에 자전거 타기(涼しい風の吹く夜に、自転車に乗ること)

◆是非覚えておきたい!시원하다の5つの意味↓

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(125)

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(106)

  • 有料より良い無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」