눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다の意味の違いと使い分けを例文で解説

눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다の意味の違いと使い分け
눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다の意味の違いと使い分けを例文で解説(画像出典:MBCユーチューブチャンネル)
【質問】 눈치를 보다は気を使うと意訳されますけど、신경 쓰다とは何が違いますか?
 
【答え】

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。
無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。
今回は、『눈치(를)_보다、신경(을)_쓰다の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

blank

눈치를 보다, 신경을 쓰다、確かにどちらも「気を使う」と翻訳することもできますし、意味が似ているところもあります。しかし、ニュアンスや使い方は大分違います。意味の違いと使い分けについて分かりやすく説明します^^

눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다の意味の違いと使い分け

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、違いと使い分けを説明します。

눈치 보다(ヌンチ ボダ):顔色、機嫌をうかがう、空気を読む
신경 쓰다(シンギョン スダ):気にする、気を使う

NAVER辞典

原形は눈치를 보다, 신경을 쓰다ですが、会話では助詞を外して使うことが多いです。
신경 쓰다は、直訳は「神経を使う」。日本語としては「気にする」、「気を使う」、または「こだわる」「フォローする」など様々な翻訳が可能です。

눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다の意味の違い
너무 신경 쓰지 마(あまり気にするな)(画像出典:JTBCユーチューブチャンネル)

눈치를 보다は誰かの機嫌を取るために、顔色、機嫌をうかがったり、空気を読もうとする行動を意味します。
人の心、考え、態度を伺うと覚えればいいですね^^
まさにこの画像通りです。

눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다の意味の違いと使い分け
눈치(를) 보다:人の心、考え、態度を伺う(画像出典:MBCユーチューブチャンネル)

例文でしっかり理解しましょう。

눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 개가 주인의 눈치를 보고 있다(犬が飼い主の顔色をうかがっている)
  • 부하는 상사의 눈치를 본다(部下は上司の機嫌をうかがう)
  • 왜 이렇게 눈치를 봐?(なんでこんなに様子をうかがっているの)
  • 넌 눈치가 없구나(お前は空気が読めないな)
  • 신경 쓰지 마세요(気にしないでください)
  • 다이어트 중이라 음식에 신경 쓰고 있어요(ダイエット中なので食べ物に気を使っています)
  • 신경 써 주셔서 감사합니다(気を使って頂きありがとうございます)
  • 신경을 못 써서 죄송해요(気を使えずすみません)
  • 파티에 와 주셨는데 제가 바빠서 신경을 못 썼네요(パーティーに来てくださったのに私が忙しくてフォローできませんでした)

눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다 まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、韓国語の表現「눈치(를) 보다, 신경(을) 쓰다」の意味と使い方を例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
‘気になる’は韓国語で何?궁금하다, 신경쓰이다, 마음에 걸리다など、様々な表現と使い方

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(290)

韓国語学習:上級とは

上級レベルは、専門分野において必要な言語(ハングル)をある程度理解と使用ができ、政治・経済・社会・文化などの身近なテーマについて理解し、使用できます。 口語、文語的な言語(ハングル)を適切に区分し、使用できます。 ネイティブ程度までではないが、自己表現を問題なく話すことができます。

上級記事(291)

♥この記事をSNSでシェア!