ハングルの ㅡ (으)とㅜ (우) の発音の違いと使い分け【韓国語 文字】

ハングルの ㅡ (으)とㅜ (우) の発音の違いと使い分け
ハングルの ㅡ (으)とㅜ (우) の発音の違いと使い分け
【質問】 書き方ではなく(ㅡとㅜ)両方「う」なので、この2つの使い分けを教えて下さい。
 
【答え】

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。

無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。

今回は、『ㅡ(으)とㅜ(우)の発音の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

ㅡ(으)とㅜ(우)の発音の使い分け

안녕하세요(アンニョンハセヨ)!朴です^^
でき韓を利用していただきありがとうございます!

発音の使い分けですかね?ㅡとㅜ、ㅓとㅗは、どれも日本語だと「う」、「オ」になるため、区別が難しいですよね><
こちらの使い分けが、入門・基本母音の最大のポイントです。

「ㅜ」は口をすぼめて、丸くして出っ張る形で発声しますよね?「ㅡ」は、「ㅜ」より下の唇を横に伸ばして発声します。補足すると、「이(イ)」の口で「우(ウ)」と言う感じです。

いかがでしょうか?でき韓のネイティブの音声を繰り返し、聞きながら真似・練習しましょう!
よろしくお願いいたします^^

まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、ハングルの ㅡ (으)とㅜ (우) の発音の違いと使い分けについて解説いたしました。
できるだけネイティブの発音を聞いて声に出して練習してください。ドラマを沢山みるのもおすすめします。

こちらの記事もご参考にしてください↓
韓国語の発音が上達する、上手くなる方法

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:入門とは

入門レベルは、韓国語がまったく分からないレベルから韓国語の文字(ハングル)がやっと読める程度、挨拶や簡単な自己紹介が少しできるレベルです。

入門記事(165)

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(165)

♥この記事をSNSでシェア!