「쯤、정도」の違い・意味・使い方【韓国語単語】

TWICE韓国語「쯤、정도」の違い・意味・使い方
TWICE韓国語「쯤、정도」の違い・意味・使い方を教えてください

今日はTWICEのツイートから。
TWICEメンバーの中で犯人を見つけるバラエティー番組「TIME TO TWICE」。
ツイッターでサナの可愛らしい画像を見た私は、気づいたらもう再生ボタンを押して動画を見ていました。

画像の中の字幕は・・
「범행 시각쯤 공연장 안에 있었다?」
(犯行の時刻頃、公演場の中にいた?)

「쯤、정도」の違い・使い方

頃、くらいを意味する助詞として韓国語は쯤と정도があります。

쯤(チュム): 頃、くらい、辺り
※「쯤」は、助詞として時間、金額、日付、位置などの後に付けてよく使います。

정도(チョンド): 程度、くらい、ほど
※「정도」は、「くらい」として使われる時は「쯤」に殆ど置き換え可能ですが、정도は漢字語の名詞なので丁寧で固いニュアンスがあります。

시각(時刻)は時間を表す言葉なので、쯤が付きます。
以下の例文もご参考にしてください。

例文

  • 한 시쯤에 갈게요(一時頃に行きます)
  • 한 시 정도에 갈게요(一時頃に行きます)
  • 세 개 쯤 주세요(X)
  • 세 개 정도 주세요(3個くらいください)
  • 쯤의 차이(X)
  • 정도의 차이(程度の違い)

TWICE REALITY “TIME TO TWICE” 動画はこちら↓
https://tv.naver.com/v/17165088

  • 有料より良い無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」