【韓国文化】韓国のお酒文化の話 「お酒を勧める社会、韓国」

韓国の風呂文化の話、いかがでしたか?日本とは大分違う韓国の独特な風呂文化が理解できましたでしょうか?
今回はどんなテーマで記事を書こうかと悩んだ末、決めた今回のテーマは「お酒文化」です。
国が変わればその国の独特な文化があり、このブログで紹介している通り、軍隊、恋愛、性、風呂など、様々な文化がありますが、この「お酒文化」も国それぞれ異なっていて、その国を理解するには欠かせないテーマだと思います。

去年1月、入社して初めての飲み会、日本企業で日本人の副社長も同席していたその席で課長は私に焼酎を注ぎながら・・
「日本人は焼酎も飲まずにビールだけちびりちびり飲んでいるからつまらないな~」と言いました。
そして、焼酎一杯でもう真っ赤になった私に「何だ?パクさん、もう赤くなるなんて・・ じゃあ、さっさとワンショット(一気に飲むこと)して席回りながらみんなに注ぎなさい」と・・あせあせ(飛び散る汗) 

韓国人にもかかわらず、焼酎一杯でもうだめな私はもうこれ以上やばいなと思って「課長、実は私お酒すごく弱い上に・・え・・あの・・薬、薬飲んでてお酒だめですよ」と何とか逃げ場を探していました。でも、怖い顔して
「嘘つくんじゃねえぞ~!じゃあ、早く飲みなさい!タバコも吸わないし、お酒もダメだなんて・・お前、本当に男かよ」と・・
「課長、そんな言い方ないだろう?お酒弱いのが俺のせいかよ!!」
と・・食って掛かりたくなりましたが、黙っているしかなかった私、ムカッとしてもう一杯飲んでしまいました。

blank

そして、席回り・・ 顔やばいし、もう二杯飲んでるからこれ以上は誘わないだろうと思って席を廻りながら上司一人一人に焼酎を注ぎました。私が注いだ焼酎一杯を飲んだ上司、次の上司の方へ行こうとする私に「おい~パクさん、どこ行くんだよ!注いでもらったから注いであげるのは礼儀でしょう?新米だからよく分からないかもしれないけど、これが韓国のお酒文化だよ。じゃあ、一気飲み!」と言いながら自分のおちょこに焼酎をいっぱい注いでくる上司、計算通りには上司8人だったからあと8杯飲まなければならないという・・  私はお先真っ暗になりました。ふらふら
でも、しょうがないから一気飲み、ふらふらしながら次の上司の方へ・・

「パ、パクジョン・・ヒョと申します。よ・よろしく・・お・・ね・・・が」
「ドン~!」
「おい~! パクさん、パクさん!!」

もう、後の記憶は残っていません。私の入社初の飲み会はちゃんと上司と話もできず、そういうふうに終わってしまいました。

blank

アルコール消費量、世界トップクラス。人口の二人に一人が肝癌、心臓病などのアルコール性疾患で死亡。これが今の韓国の実態です。このままじゃ、いつかはお酒で滅びてしまうんじゃないかと思われるくらい韓国はアルコール大国です。
お酒を飲めば、普段は言えないことでも言えるし、好きな人にも告白できるし、ビジネス場では関係スムーズに行かせてくれるお酒、お酒は人類最高の発明品と言われています。 

しかし、そのお酒の長所よりもお酒で死んでいく人を考えると、社会的な損失は数え切れないほどです。なんか、韓国人のくせにお酒が弱くてあまり好きじゃないせいか、お酒に対して批判的な記事になってしまいましたが・・

先月、元々お酒がだめで社会生活に苦しんでいる人のことを扱った「お酒勧める社会、韓国」というドキュメンタリーが放送されました。
blank

飲む時は一気飲みが基本、誰かに注いでもらったら一気飲み、素早くまた、注いであげる・・この無限のループが夜遅く、朝まで続く・・・韓国のお酒文化はお酒が弱い人には地獄なのです。

その深刻さを自覚したのか、最近「飲み会は1次会で終える、お酒より美味しい料理を・・、お酒勧めない運動」など、いろんなキャンペーンが行われていますが、どれほど効果があるのか今の所、分かりません。お酒を勧めるこの社会的な雰囲気はすぐには変わらないかもしれません。

今回は【韓国のお酒文化の話】-お酒を勧める社会、韓国編でした。次は韓国の若者のお酒文化に迫ります!
それでは、お楽しみに^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
日本在住の韓国人が感じる「日本が韓国より不便なところ」

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語学習アプリ「でき韓」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう↓
友だち追加

♥この記事をSNSでシェア!