「嵐のようなビザ更新の日」

昨日は嵐のような一日でした。また、やってきたビザ更新のシーズン。

去年は12月のビザ満了日を控え、11月に就職が決まり、劇的にビザ更新に成功した記憶に生々しい・・・。一年って速すぎるな!と思いながら、朝早く入管に向かいました。(午後から入管はものすごく混むので)今回は何が何でも3年間のビザがほしいので、入管の審査官の心を掴む長文の手紙も同封しました!!


blank

*これが手紙の一部。「落ち着いて婚活したい!」という文章が審査官の心を掴むのでは!!(笑)


 

準備万端だったので午前中、申し込みを終え、午後出社するつもりで家を出ましたが・・・。事態は思わぬ展開に・・・

入管の人に書類を見てもらったら書類に不備があるという・・・仕方なく、書類を貰いに会社へ。会社に仕事が山積みだったので、ソワソワしながら、書類を持ってまた入管へ。しかし、今回は決算報告書に印鑑が薄いからNGと言うのではありませんか!?泣きそうになりましたが、泣くわけにはいかないので、また会社へ。叫び叫び叫び叫び叫び

雨の中、びしょ濡れになり、ご飯も食べられず、やっと申し込みができる番号札をもらったのが1時半でした。既に入管は日本のビザがどうしてもほしい世界各国の外国人でいっぱい!

「大変お待たせいたしました。番号札455番の方は0番カウンターへ」と呼ばれたのが、なんと4時半頃・・・。朝、家を出たのに、申し込みが終わり、テクテクと入管を出てきたら夜になっていました。しょぼん

これでビザが貰えるわけでもなく、1ヶ月ほどの審査の結果を待ち、更新されるか日本から追い出されるかになるので、しばらく不安の日々が続きます。


どんなに日本語ができて、ちゃんと働いていようが、「自分はあくまでも外国人・異邦人に過ぎない」ことに気づいた一日でした。

blank

blank

blank

blank

blank

 

*混血子供の凄さ。あまりにも可愛くて人目もはばからず写真をパシャパシャ~


僕の頑張りがどうにか入管の審査官に届き、感動した審査官が3年、または5年間のビザを下さるよう、みなさん、今すぐ小竹向原に向かって応援とエネルギーを届けてください。

それでは、楽しい週末を^^

♥この記事をSNSでシェア!