【韓国人サラリーマンの一人暮らし①】特命!騒音トラブルに耐えろ!

■この記事は韓国の総合日本情報マガジンである「JAPAN INFO」で発信しています。

韓国語版記事が気になる方はこちら→

http://japaninfo.jp/lifecontribution/japanesehouse/

—————————————–

韓国でも「騒音トラブル」のニュースは常に繰り返されていて、社会的な問題になっています。

大団地のマンション生活が一般的な韓国でずっとマンション生活をしてきた僕は、隣人がたまたまいい人だったのか、僕が鈍感なのか分かりませんが、騒音トラブルで悩まされたことはありませんでした。

そんな僕に日本ライフが始まった2013年から不幸が訪れました。

金銭に余裕があって広々なマンションに住めるといいですが、ただでさえ家賃が高い東京で、大半の独身外国人サラリーマンは2-3階建ての狭いアパートに暮らすのが一般的。

見栄っ張りだからか何だか分かりませんが、家も車も大きな物が好きな韓国人の僕から最初見た日本のアパートは

「仮設住宅みたいだな」

「トイレとかお風呂はちゃんと付いてるだろうか?」

「大雨や地震には大丈夫かな」

などの疑問と不安でいっぱいでした。

しかし、小さくても生活に必要な全てを取り揃えていて、今のところ災害の被害もありません。

*これが一般的な独身者用のアパート。綺麗な言い方すると「恋するレオパレス」ww

*画像を見るだけで頑丈・快適な暮らしの香りが漂ってくるマンション

問題は日本ライフが始まった初日から起きました。

2階に住む人(僕は1階)の騒音で眠れない日々が続いたのです。朝早いのにこの女は(声がよく聞こえるので女性なのが判明)夜遅くまで寝ずに通話したり音楽を聴いたりしていました。

ハイライトは週末の夜。週末になると、彼氏を連れてきましたが、土曜の深夜1-2時頃になると、必ず彼女のやらしい声が(うめき声?悲鳴?)アパート全体に響いたのです。びっくりキョロキョロびっくりキョロキョロ

この騒音のレベルがどれ程かと言うと、足の音、携帯のメッセージ通知音はもちろん、朝は彼女の携帯バイブの音に、僕の目が覚めるほどです。

隣に住んでいるヨル君も2階に中東の人と喧嘩になりそうになったり、2階の誰かが窓を開けたままテレビを観てたら隣の人が「テレビの音下げてもらいます?」と抗議するなど、騒音トラブルが絶えていないです。

内のアパートがたまたま外国人が多くて余計に問題が多発しているかもしれませんが、日本人が多く暮らすアパートはそれぞれ配慮するので、あまりトラブルがなく、逆に夜になると静まり返っていて怖いほどだという。

あ、この記事を書いている今!また2階から怪しい音が聞こえてきました。今はちょうど土曜日の1時半、彼氏訪問中かもしれませんね。

しょうがないので今夜はその音を子守歌にして寝ようと思います。

それでは、次回の記事もお楽しみに!

 

“4”へのコメント(4)

  1. ヤス のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    それはあるあるですね~
    前にお隣が韓国男性と付き合ってる綺麗な女性だったんですけど夜になるとそういう声が聞こえてたりしました

  2. PARK JONG-HYO のコメント:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ヤスさん
    あはは~~全く同じ経験ですねww
    でも、隣が韓国男性っていうのはどのように分かりましたか?彼女は日本人だったかなw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。