키우다, 기르다(飼う)の意味の違いと使い分けを例文で解説【中級 単語】

키우다, 기르다(飼う)の意味の違いと使い分けを例文で解説
키우다, 기르다(飼う)の意味の違いと使い分けを例文で解説

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。
無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。
今回は、『키우다、기르다(飼う)の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

키우다(キウダ)、기르다(キルダ)の意味

まず、辞書ではこのように説明しています。

키우다(キウダ):育てる、飼う
기르다(キルダ):養う、育てる、飼う、伸ばす

NAVER辞典

키우다(キウダ)、기르다(キルダ)の違いと使い分け

いい質問だと思います。いい質問だと思います。国立国語院の回答もありますが、基本的には一緒です。
키우다(キウダ)、기르다(キルダ)、どれも「子供、植物、動物、夢、才能などを育てる、ペットを飼う」という意味で置き換えが可能です。기르다はさらに「(髪、ひげ、爪を)伸ばす」という意味もあります。

「伸ばす」として使われる時は置き換えができないので注意してください^^

例文

  • 난 개를 키우고/기르고 있다(僕は犬を飼っている)
  • 아이를 키우고/기르고 있다(子供を育てている)
  • 전 그는 취미로 화초를 기르고 있어요(私は趣味で植物を育てています)
  • 난 머리를 기르고 있다(僕は髪を伸ばしている)
  • 난 머리를 키우고 있다➡(X)
  • 친구는 수염을 기르고 있어요(友達はひげを伸ばしています)
  • 친구는 수염을 키우고 있어요(X)
  • 머리 많이 길렀죠?(髪がすごく伸びましたよね?)
  • 새끼 새 때부터 기르다(ひなから育てる)
  • 아이의 재능을 키워주고 싶다(子供の才能を育ててあげたい)
  • 나 왜 내가 키우는 물고기 살던 집밖에 기억이 안 나지?(僕が飼ってた熱帯魚の家しか思い出せないわ)

まとめ

いかがでしょうか^^
今回は、「키우다, 기르다」の意味と使い分けを例文を交えて解説いたしました。

키우다(キウダ):育てる、飼う
기르다(キルダ):養う、育てる、飼う、(髪、ひげ、爪を)伸ばす

韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
「もう」は韓国語で?이미, 벌써, 이제の違いと使い分け【韓国語 単語 初級】

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(292)

韓国語学習:上級とは

上級レベルは、専門分野において必要な言語(ハングル)をある程度理解と使用ができ、政治・経済・社会・文化などの身近なテーマについて理解し、使用できます。 口語、文語的な言語(ハングル)を適切に区分し、使用できます。 ネイティブ程度までではないが、自己表現を問題なく話すことができます。

上級記事(293)

♥この記事をSNSでシェア!