【韓国旅行 おすすめスポット】江原道 春川(チュンチョン):강원도 춘천

blank

先週末、江原道の中心都市、タッカルビ(鶏カルビ)の名所、春川に行ってきました。

春川はソウルから車で1時間半、汽車では2時間で近いので特に列車で楽しめる日帰り旅行として大人気!チケットを前もって予約しなければなりません。あまり寒くもない旅行日和・・観光客で満席になった春川行きの列車に乗りました。

春川の日帰り旅行のオススメコースは「昭陽江、昭陽江ダム=>清平寺=>春川市内観光(冬ソナの撮影地)、タッカルビ」です。

blank

韓国人なら誰でも知っている名曲「昭陽江(ソヤンガン)処女」・・その曲が生まれた昭陽江、春川駅の前で30分おきの12-1番バスに乗って20分、ついにその名所に着きました。

blank
=>後ろのバスが昭陽江行き

blank

冬の山に囲まれて静かに流れている綺麗な昭陽江と産業化が進んでいた70年代に建設された巨大な昭陽江ダム・・ 何だか「昭陽江処女」のメロディが耳元に流れてくるような感じでした。

blank

何枚撮ってもまた撮りたくなるくらい素敵な昭陽江をバックに写真を撮ってから下に見える船着場に行って清平寺行きの船に乗りました。

blankblank

遊覧船、クルーズなどに比べると小さくて古い船でした。船が動き出すと、川の水が手に届きそうに低くて本当に船に乗っている!感じがしてドキドキしました。
船で10分、清平寺のあるオボン山にたどり着きました。まだ雪が溶けていない登山路に沿って30分くらい登っていくと隠れていた清平寺が見えてきました。清平寺までこの登山路はかなりオススメ!

blank

=>さすが、韓国男性は優しかったです~ 自分のジャケットは彼女に、彼女のカバンは自分が・・w

登山路といっても散歩感覚でゆっくり歩いていけるコースで、今まで登った登山路の中で一番美しかったです。たまに夫婦やカップルがくっ付いて歩くくらいで、あまり人もいなくひっそりとした山道でした。登山路に沿って静かに流れている冬の渓谷、氷柱、雪、そして小さい滝が美しく重なっている冬の山・・忘れられない景色でした。

blank

blank

blank

高麗時代に創建された由緒深いお寺、清平寺には高麗時代に作られた塔と樹齢800年の木、そして高麗時代、体に蛇がくっ付いて苦労していた元国(中国)の娘がこのお寺に来てようやく蛇が離れて去ったという伝説が纏わっている素朴で綺麗なお寺でした。

blankblank

また、昭陽江に戻ってバスで30分、春川市内「ミョンドン」に来ました。ソウルのミョンドンと地名が同じで外国人観光客はソウルのミョンドンのようにそこまで多くはありませんでしたが、江原道の中心都市の繁華街だけにとても賑やかなところでした。特にここはドラマ「冬ソナ」の撮影地!ヨン様とジウ姫のハンドプリントもありました。春川のミョンドンは何と言ってもタッカルビの名物です。

blank
=>これもなかなか美味しい!

blank

blank

韓国人の人気メニューのタッカルビ・・発祥地の味は何が違うのだろう??という期待でわくわくしながらタッカルビ通りに進み、一番人が混んでいて日本語案内も書かれている店に入りました。1人前8500ウォン、タッカルビを食べに春川にいくという話は嘘ではありませんでした。量も多い上に発祥地の味はさすが!! そんなに辛くもないので日本人のみなさんの口にもぴったり合うと思います。

blank

blank

これで今回の春川日帰りツアーはおしまいです。

外国人にはあまり知られていないソウル以外の観光名所・・今回は春川でした。

みなさん、遊びに来てくださいね~!

こちらの記事もご参考にしてください↓
【韓国旅行 おすすめスポット】慶尙南道 統營(トンヨン)市 比珍島:경상남도 통영시 비진도

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインでお得な情報をもらおう↓
友だち追加

♥この記事をSNSでシェア!