BTS テテ (V) の素顔が分かる幼少期から現在までのエピソード17選

BTS テテ (V) の素顔が分かる幼少期から現在までのエピソード17選
ジョングク曰く、Vは「物事の1から10までをチェックするタイプ」だそう

BTS(防弾少年団)のメンバーV、色気あふれる魅力でファンを魅了しています。今回は、Vの事をもっと知りたいファンのために、彼の素顔がわかる幼少期から現在までのエピソード17選を紹介していきます。

魅力溢れるビジュアルと、重低音のボーカル、やんちゃなキャラクターでファンを魅了するBTS(防弾少年団:略称 バンタン)のメンバー テテことV!

Vのプロフィール
BTS V (Photo Via BTS Official SNS)

「ファンになったばかりでまだVの事が分からない!」、「Vの事をもっと知りたい!」というファンのため、彼の素顔がわかる幼少期から現在までのエピソード17選を紹介していきます。

テテ(V)の簡単プロフィール

  • 芸名:V / 本名:キム・テヒョン
  • 生年月日:1995年12月30日 (2022年3月時点で26歳)
  • 身長 / 体重:178cm / 64kg
  • 血液型:AB型
  • 出身地:韓国 大邱広域市 西区
  • ポジション:サブボーカル、リードダンサー
  • MBTI:NFP(以前はENFP)

テテ(V)の素顔が分かるエピソード17選

世界一ハンサムな著名人、というイメージが強いV。

美しい容貌や明るい性格から裕福な幼少期を送っていたのではと思われるVですが、実際の素顔とは…?!

Vの発音はブイ?ヴィ?

Vの名前の正しい発音の仕方は”ヴィ”。

韓国でも珍しい発音のため、メンバーが芸名で彼を呼んでいる時、”ヴィ”ではなく”ビ”と、聞こえる事も多いです。

そんなメンバーは、最初はVのことを「ブイ」と呼んでいたそう。

しかし、BTS生みの親、パン・シヒョク(HYBE総括プロデューサー)が「ヴィ」と呼び始めた、といわれています。

因みに、Vの芸名の候補には他に”レックス”と”シス”もあったのだとか!

ですが、「レックスは犬の名前っぽい」、「シスは女性名っぽい」という理由から現在のVになった、というエピソードがあります。

K-POP代表ビジュアルは世界一ハンサム

2017年、毎年話題になるアメリカの映画サイト TC Candlerの『The Most Handsome Face(世界で最もハンサムな顔100人)』で1位を獲得した事があるV!

大きな目だけれど、白目の範囲が広く三白眼気味の目のため、無表情の時はクールで少し、近寄りがたい印象を与えることも。

近寄りがたいビジュアルのV(Photo Via BTS Official SNS)
近寄りがたいビジュアルのV(Photo Via BTS Official SNS)
しかし、実際に見るとピュアな雰囲気が強く、イメージとのギャップが大きい魅力を持っている、といわれています。

実際、2019年には現役アイドル100人が選ぶ「実物美男ランキング」で1位に選ばれました!

この他にも、

・イギリスのエンターテインメント・メディアNubia Magazine
『World’s Most Handsome Man(世界で一番ハンサムな男性1位)』

・海外オンラインメディア Special Awards
『The Most Top Face Handsome & Beautiful(世界で最も美しい顔の第1位)』

・ブルガリアの女性サイトDama.bg
『The Most Beautiful Men On The Planet(地球上で一番美しい男 1位)』

・海外芸能メディアStarmometer
『The Most Asian Heartthrobs(アジア最高の魅力男1位)』

と、様々なメディアにそのビジュアルの良さを認められています。

世界中が癒されるハスキーの重低音ボイス

Vの声はBTSのボーカルラインの中で最も低い、ハスキーボイス。

ソフトさを感じさせる低音を出したかと思えば、目が覚めるような高音域を出すことも可能な音域の広さもVのボーカルの魅力です!

アイドルではあまり類を見ない、とても低い音域で歌う事もできるV。

そのことからWikipediaには韓国のアーティスト初の”ノンクラシックバリトンリスト”として紹介されています。

Vのボーカル

ラップも抜群!MCスモモ

正式なポジションはボーカルだけれど、デビューしたばかりの頃からラップに大きな興味を示している姿を見せていました。

実際に、メンバーの性格や関心事に基づいて作成された” House Of ARMY “の映像内では、高校生ラッパーに変身しCypherを熱唱!

これは”MC자두(スモモ)”という新しい呼び名がつけられるきっかけになりました。

そんなVは2017年に発売された5枚目のミニアルバム『LOVE YOURSELF 承 ‘Her’』の収録曲『GO GO』でラップを披露しています!

ラップの練習をするV

ダンスが認められた2018年

2018年に発売されたアルバム『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』に収録されたソロ曲『Singularity』のパフォーマンスがきっかけでダンスの実力を認められたV。

それまでもダンスの実力は申し分無かったのですが、ポジションがボーカルという事もあり、目立つまでに時間がかかってしまいました。

『Singularity』のパフォーマンスをみたBigHitエンターテインメント(現HYBEエンターテインメント)のソン・ソンドゥク氏は自身のインスタグラムに

#もう公式にダンラ(ダンスラインの略)

のハッシュタグをつけてVのSingularityの写真を投稿。

これ以降、Vのポジションにはリードダンサーが追加されました。

尚、海外のメディアAllkpopによると、Vはメンバーの中で1番振りの覚えが早く、振りを長く記憶している記憶しているメンバーであるそうです!

テテ語

テンションが上がったときや、緊張したとき、慌てたとき等に早口になってしまい、語順がバラバラになる、助詞がとんでしまう、単語が抜けてしまう、造語を作る癖があるV。

この時に誕生した言葉は”テテ語”とよばれています。

本来はゆっくり考えて話すタイプであるが故に、焦って話すとテテ語が頻発してしまう傾向にあるようです。

そんなテテ語には、

  • 「お前は速いのが嫌なの?」 (遅刻をしてばかりのジミンに対するテテ語)
  • 「安全自転車に乗らないといけないから」 (訳:自転車に安全に乗らないといけないから)
  • 「ヘルプミーをまた要請しないと」 (訳:助けをまた頼まないと)
  • 「初全曲自作作詞」(訳:初めて全曲の作詞作曲をしました)
  • 「カラーチェンジスープ」(訳:カラーリング剤)

等があります。

いつかテテ語録がグッズとして発売されると大ヒットしそうです!

人懐っこい性格から生まれた黄金人脈

Vの友人として有名なのは、俳優のパク・ソジュン、パク・ヒョンシク、チェ・ウシク、シンガーソングライター兼プロデューサーのPeakboy!

ウガファミリー(Photo Via NAVER Blog)
ウガファミリー(Photo Via NAVER Blog)

他にも、俳優のパク・ボゴム、ソン・ドンイル、イ・ジョンジェとも親交が深いと知られています。

初対面の人にも人見知りをする事無く、全ての人に優しく接する事が出来る、と言われるV。

自分よりも年上の人にも人懐っこく自ら歩みよる姿が確認されており、その人物の中には韓国のムン・ジェイン大統領も!

Vとパク・ボゴム(Photo Via NAVER)
Vとパク・ボゴム(Photo Via NAVER)
そんなVの性格をRMは

「全ての人に好感を抱き、全ての人がVを愛している」

と語っています。

スローライフだが、順序立ててきちんとこなすタイプ

エネルギッシュな一面を持つ一方で、慎重で落ち着いている一面もあるV。

ジョングク曰く、Vは「物事の1から10までをチェックするタイプ」だそう。

しかし、チェックしているその姿は他の人には見せないそうです。

目標が定まっていても欲張ることなく、計画をたてて着々と順番通り進めていく事ができるというV。

普段のテンションの高い姿からはなかなか想像が付かない、ギャップある姿にまた惹かれますね!

動物と子供が大好きで純粋な性格

Vの魅力の1つといえば、子供のようなピュアさ。

これまでに

  • 撮影の待機時間に四つ葉のクローバーを探す。
  • 花を摘まずに地面に寝転んでタンポポの綿毛を吹き飛ばす。
  • 同じく花を摘まずにうつ伏せになって花と自撮りを撮る。

等のピュアエピソードを残しています。

また、Vは子供の事が大好き!

サイン会では、子供に優しく嬉しそうに対応をしている姿が度々確認されています。

過去にはSNSに、従兄弟たちと遊ぶ動画を投稿し、注目を集めたことも。

また、2014年に放送された『BTSのアメリカンハッスルライフ』では、言語の壁を越えて子供たちと交流しようとしている姿も見せていました!

また動物も大好きなV。

“ヨンタン”という名前のポメラニアンを飼っており、兄弟のように仲良くしている事はファンの間でも有名ですよね。

この他にもVには、

  • 友達のようにムササビと触れ合おうとする。
  • ノミが付いていると言われても鳥に餌をあげに行く。
  • ガチョウを見て喜ぶ。
  • カメに目線を合わせてカメを観察する。

等の、動物好きエピソードがあります。

怖がりで右にでる者はいない!

怖い物知らずのように見えるけれど、本当はかなりの怖がり!

そんなVの怖い物の代表は、

・高いところ
・気持ちが悪い物
・怖い物
・幽霊
・虫

しかし、高いところから急降下するジェットコースター、ジャイロドロップ、高いところで揺れるジャイロスイングなどのアトラクションは怖いどころか、むしろ好きとのこと。

本人曰く、「アトラクションには安定感とスリルがあるから少し違う」のだそうです。

なお、Vが怖がる姿は非常に可愛らしく、ファンに大好評!

ですが、成長に伴ってVは怖い物を克服しつつあり、最近は以前より怖がりではなくなったようです。

韓国芸能人初のインスタ1000万フォロワー

2021年12月6日に個人インスタグラムを開設し、開設から16日で韓国男性芸能人の中で1番多くのフォロワーを獲得しました!

フォロワーが100万人を突破したのは開設から僅か43分。

開設4時間52分後にはフォロワーが1000万人を超え、この2つの記録は公式的にギネス世界記録を塗り替えた、と認定されています。

2022年3月16日時点で3664万人からフォローされているVのインスタグラム。

韓国では”最も多くのフォロワーを抱える男性芸能人”とされています。

チッケムの皇帝

※チッケム(直カメラ):1人のメンバーだけにフォーカスを当てて撮影した映像のこと

Vのチッケムには再生回数が1000万回を超えているものが、何と18本も存在!

この記録はK-POPアイドル史上初のもの。

そのことと、未だにVの記録を塗り替えるアイドルが現れない事から「チッケムの皇帝」という異名がつけられています…!

18本の中でも特に多く再生されているのは、Mnet”입덕직캠(イプドクチッケム:沼るチッケム)”の『작은 것들을 위한 시(Boy With Luv)』。

上記のチッケムはなんと1億3800万回も再生されているのみならず、歴代最高記録の145万いいねも獲得しています!!

V チッケム

2021年 世界で最も人気のあるK-POPアイドル

2021年、国際出版メディアの『Nubia Magazine』はVが”世界で最も人気のあるK-POPアイドル”の1位に選ばれた、と発表。
これは、

・オフライン上の世界中の多くの人々に最も親しみやすく、好きなK-POPアイドルを尋ねたデータ
・世界70以上の人気SNSプラットフォーム、Googleトレンド、Googleニュース、等などから収集したデータ

に基づいて分析された結果であるとのこと。

尚、当時『Nubia Magazine』は同時に、Vが『男子アイドル部門』でも1位を獲得したことを発表しました。

Vは中国、ロシア人気が絶大

Vのファンが最も多いという国は中国とロシア。

中国のファンといえば、Vの誕生日に”ラッピング電車”、”水族館の一部を誕生日仕様にデコレーションする”など、驚きのプレゼントを用意することで有名です!

そんな中国のVのファンダムの誕生日の募金時などの経済力は、数値として分かる限りK-POPアイドルのファンダムで1位を誇るそうです…。

一方、ロシア最大のSNS、” Vkontakte”のKポップ最大のコミュニティ” DeerZone”はVのファンクラブ会員数はBTS、EXO、BLACKPINKに次いで4位を記録しているとのこと。

これは個人としては最も高い記録であり、ここからもVの人気が絶大であることが分かりますね!

なお、Vは上記の国以外でもアジア、北南米、欧州、アフリカ、オーストラリアの全地域にも強力なファンダムを持っている、と雑誌『Nubia Magazine』で発表されています!

Googleで最も検索されたアジアセレブ

2021年1月1日から12月14日の期間で収集されたデータに基づいて、「アジア全体で最も多く検索されたセレブ100人」1位に選ばれたV!

Vは同年、”2021年世界最多検索K-POPアイドル1位”にも選ばれていました。

「イカゲーム」などの韓国ドラマがアジア圏で再ブームを巻き起こしていた2021年。

そんな中でアイドルのみならず、人気俳優達を抜いてトップに立ったVは本当にすごいですね!

幸福伝道師

メンバー公認のBTSの幸福伝道師であるV。

彼の幸福伝道師を象徴するエピソードに

メンバー全員がスランプに陥っていた時、Vが主導となって旅行を計画し、メンバー全員を旅行に連れ出した

というものがあります。

このエピソードからも分かるように、Vは人に対する気遣いに溢れているようす。

こうした能力はアルバム作業にも活かすことが出来るようで、2020年に発売されたアルバム『BE』ではビジュアルディレクターとスケジュールを担当しました。

当時、Vはメンバーの撮影日程を素早く、そして簡単に整理したとのこと!

彼の働きにはメンバーも大満足だったようです。

涙もろい

BTS テテ (V) の素顔が分かる幼少期から現在までのエピソード17選
意外と涙もろい?(Photo Via BTS Official SNS)
BTSの中では涙脆いメンバーの中に入るV。

2018年のMnet Asian Music Awardsで大賞を受賞した際、メンバーの感想、そしてジンの「解散を悩んだ」という言葉を聞いて、Vは人目をはばからず涙を流していました。

それはもう悲しそうに泣くため、ジョングクが抱きしめに向かう程…。

2018年のMnet Asian Music Awardsで大賞を受賞した時のV(Photo Via Youtube Screenshot)
2018年のMnet Asian Music Awardsで大賞を受賞した時のV(Photo Via Youtube Screenshot)

なお、Vの涙は授賞式後も止まることはなく、式後のインタビューでも泣いている姿が確認されています。

また、当日BTS公式Twitterに投稿された写真でも、Vは涙を堪えているような表情でカメラを見つめていました。

そんなVは映画を見て泣くようなタイプではない、とのこと。

しかし、ジンと一緒に映画『7番房の奇跡』を見た際は、目から滝を流すかの如く泣いたそうです。

因みにVには、涙脆いというイメージをもたれがちな”涙ぼくろ”が左目の下にあります!

まとめ

以上、テテ(V)の素顔が分かる幼少期から現在までのエピソード17選でした!

気遣い上手なところ、人懐っこいところ、不思議ちゃんなところ、以外と怖がりなところ、涙脆いところ、舞台にあがれば格好いいところ等々…。

Vには知れば知るほど虜になってしまう魅力が多いですね!

気になってしまったらファンになってしまうことは確定する、といっては過言ではないV。

今後も彼の活躍が楽しみです!

こちらの記事もご参考にしてください↓
大の仲良しだったのに‥テテ(V)とジョングクが急に関係が疎遠になった理由

ボラへ(보라해)とは?由来と意味、使い方を徹底解説【BTS V(テテ)の名言】

ジミンとジョングク 熱愛説?韓国ARMYの妄想の発端となった1枚の写真

BTS ジョングク 目指す最後の筋肉は声帯?普段やっているトレーニングとは


韓国語学習の有益な情報

でき韓では、韓国語学習に役立つ様々な情報を発信しております!

韓国人先生と無料体験レッスン

最強講師陣!入会費、月会費なしの業界最安値!今すぐお好みの韓国人先生を見つけましょう。

でき韓ハングル講座-詳細&無料体験レッスン
無料アプリで韓国語学習

単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語学習アプリ「でき韓」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら

無料韓国語学習アプリ-できちゃった韓国語をダウンロード
でき韓 LINE友だち追加

でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで限定コンテンツと勉強になる最新情報をもらおう!

LINE友だち追加
♥この記事をSNSでシェア!