명, 사람, 분(人)の意味の違いと使い分けを例文で解説【人数の数え方】

명, 사람, 분の意味の違いと使い分けを例文で解説
명, 사람, 분の意味の違いと使い分けを例文で解説【人数の数え方】

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『명、사람、분の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

blank

人を数える時、韓国語はいろんな言い方があります。違いと使い分けについて分かりやすく説明します!

명, 사람, 분の意味の違いと使い分け

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、違いと使い分けを説明します。

店に行ったら店員さんによく聞かれますよね。
「何名様ですか?」
「3人です」

これを韓国語でなんと言えばいいでしょうか?
「몇 분이세요?」
「세 명이요」

人を数える助数詞として韓国語は분(プン)、명(ミョン)、사람(サラム)3つが存在します。
분は「〇名様」に当たる丁寧な言葉、명、사람は漢字語か固有語かの違いで、本来は漢字語の方が固くて丁寧な感じがしますが、日常会話では短い명の方もよく使われています。

명, 사람, 분の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 세 분 예약 완료되었습니다(3名様、予約承りました)
  • 여기 두 명 있어요(こちらに二人います)
  • 가족은 세 명이에요(家族は3人です)
  • 네 사람, 예약 좀 해주시겠어요?(4人、予約をお願いして頂けますか)
  • 실례지만 몇 분이세요?(失礼ですが、何名様ですか)
  • 다섯 명이요(5人です)
  • ※質問に対して答える時は「이에요/예요」より「이요/요」を主に使います。

  • 두 사람 예약 되나요?(二人、予約可能ですか?)

명, 사람, 분 まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、人数を数える時の「명, 사람, 분」の意味と使い方を例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
韓国語の数字 漢数詞・固有数詞を音声と動画付きで徹底解説!覚え方、読み方、発音

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(362)

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(345)

♥この記事をSNSでシェア!