「していた」韓国語で?고 있었다, 았/었다, 았/었었다の意味の違いと使い分け

「していた」は韓国語で?고 있었다, 했어요(았/었어요), 했었어요(았/었었어요)の意味と使い方
‘していた’は韓国語で何?고 있었다, 했어요(았/었어요), 했었어요(았/었었어요)の意味と使い方を例文で解説
◆質問

고 있었다と過去形+았/었다の使い分け方を教えていただきたいです。
普通に考えて、今何してたの?って聞かれたときについさっき(今)していたことを説明する言い方と、過去に習慣的にしていた、というのでは一口に”〜していました”と言ってもちょっと感覚が違うと思うんですけど…

例えば、さっきまで一緒にいたのに突然いなくなって数分で帰ってきた友達に言う、”どこ行ってたの?”は어디 가고 있었어?でいいのでしょうか?
また、同窓会で久しぶりに会った高校時代の友達に”芸術大学に通っていたの”って言うときは예술대학에 다녔었어と言って、合っていますか? ちょっとわかりにくくてすみませんm(_ _)m 고 있었다と過去形+았/었다の違いをお願いします。

◆答え

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。

無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。

今回は、『고_있었다、했어요(았/었어요)、했었어요(았/었었어요)の意味・使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

韓国語文法がすぐ分かる!入門ポイント10選 まとめ記事はこちら←
blank

過去形と「していた」を韓国語でどのように表現するかに関してですね。そもそも「している=고 있다」と覚えて間違える方が非常に多いです。実は使い方が大分違います。「していた」韓国語で3つ可能です。今回は고 있었다、았/었다、았/었었다の使い方と使い分けを分かりやすく解説します。

고 있었다の意味と使い方

고 있었다の意味と使い方
자고 있었어(画像出典:tiktok.com/discover)
実際、韓国人が日常でどのように使っているか、違いと使い分けを説明します。
語幹+고 있었다:していた
語幹+고 있었습니다, 있었어요:していました

 
※「している」は今現在の動作、行動に限って使うため、過去形の「았/었다」や「았/었었다」を使います。
※日本語の「言っていた、思っていました、勉強していました」も「말했다, 생각했다, 공부했다」が正しいです。

고 있었다が使える例文

一方、ついさっきまで動作が継続していた場合、今現在動作・行動が行われていなくても動詞の意味に継続性がある場合、当時を回想し、確実に時間の経過を表す文章の場合は고 있었다が使えます。

  • 지금 뭐 하고 있었어?(今何してたの?)
  • 그때 어디 가고 있었어?(その時、どこに行っていたの?・行っているところだったの?)
  • 대체 뭘 하고 있었어?(一体、何をやってたの?)
  • 미안. 자고 있었어(ごめん。寝ていたの)
  • 모든 비밀을 알고 있었어요(全ての秘密を知っていました)
  • 백설공주가 행복하게 살고 있었어요(白雪姫が幸せに暮らしていました)
  • 계속 찬스를 노리고 있었다(ずっとチャンスを狙っていた)
  • 3년 동안 참고 있었어요(3年間、我慢していました)
  • 어쩔 수 없이 학교에 다니고 있었어요(仕方なく学校に通っていました)
  • 그때는 매출이 늘고 있었어요(その時は売り上げが上がっていました)

았/었다の意味と使い方

았/었다の意味と使い方
나, 헤어졌어(画像出典:ohfun.net)
語幹+았/었다:している、していた、した
語幹+았/었습니다, 았어요/었어요:しています・しました

 
※完了した動作、その事実だけを説明

例文

  • 저는 결혼했어요(私は結婚しています)
  • 오늘 결혼했어요(今日、結婚しました)
  • 어디 갔어?(どこに行ったの?)
  • 오래 기다리셨습니다(長らくお待ちしておりました)
  • 저는 이미 그 학교 졸업했어요(私はもうその学校を卒業しています)
  • 자격은 이미 땄어요(資格はもう取っています)
  • 합격할 거라고 생각했어(合格すると思ったよ)
  • 그 사람이 범인이라고 생각했어요(その人が犯人だと思っていました)
  • 그때는 자주 친구와 축구했어요(その時はしょっちゅう友達とサッカーをしていました)
  • 저는 작년까지 미술학원에 다녔어요(私は去年まで美術教室に通っていました)
  • 1년동안 한국에서 살았어요(1年間、韓国に住んでいました)
  • 이미 학교는 그만 뒀어요(もう学校はやめています)
  • 여자친구랑 이미 헤어졌어(彼女ともう別れたよ)
  • 자주 싸웠어요(よく喧嘩してました)
  • 신오쿠보에서 한국어를 가르쳤어요(新大久保で韓国語を教えてました)

았/었었다の意味と使い方

았/었었다の意味と使い方
어디 갔었어?
語幹+았/었었다:していた
語幹+았/었었습니다, 았/었었어요:していました

 
※았/었었다は持続と断絶のニュアンスです。単純な事実だけではなく、過去に続いていたこと、断絶により今と違う変化を表します。
※았/었다の類似表現なので、持続と断絶のニュアンスを強調する言い方で置き換えが可能な場合が多いです。

例文

  • 저는 결혼했었어요(私は結婚していました)※今は離婚している
  • 옛날엔 일찍 결혼했었어요(昔は早く結婚していました)※今は違う
  • 그 사람이 범인이라고 생각했었어요(その人が犯人だと思っていました)※今はそう思わない
  • 어디 갔었어?(どこに行ってたの?)※今は不明の場所から戻っている
  • 그때는 자주 친구와 축구했었어요(その時はしょっちゅう友達とサッカーをしていました)※今はやっていない
  • 저는 작년까지 미술학원에 다녔었어요(私は去年まで美術教室に通っていました)※今は通っていない
  • 1년동안 한국에서 살았었어요(1年間、韓国に住んでいました)※もう住まない
  • 자주 싸웠었어요(よく喧嘩してました)※もう喧嘩はやめている
  • 그땐 참 예뻤었어요(その時はとても可愛かったです)※今は残念ながら可愛くない
  • 신오쿠보에서 한국어를 가르쳤었어요(新大久保で韓国語を教えてました)※今は違うところで教えているか、教えていない

分かりづらい「していた」の韓国語、5つのパターン

「していた」韓国語で?

まず、日本語の「している」に該当する韓国語の고 있다は、日本語と違って動作が行われている、動いていることに対して使います。

結婚している、卒業している、のように日本語の場合、過去のことが続いている場合にも「している」が使われるのと大きく違います。

韓国語文法「している」はどんな状態?고 있다, 아/어 있다, 했다の違いと使い分け

「していた」も同じです。過去に継続していたことでも今現在、動作が行われている、動いているわけではないので、過去形である았/었다を使います。

直訳して「고 있었다」を使う方が非常に多いですが、不自然です。以下の例文で確認しましょう。

「行っていた」韓国語で?

どこ行ってたの:어디 가고 있었어?(X)
➡어디 갔었어? ※「向かっている」という意味ではなく「もう着いている状態」という意味なら動きがないので가고 있었어は不自然。過去完了の文法である「았/었었다」を使い、갔었어が正解です。

一方、どこかに向かっていることを見て当時の様子、動きを回想しながら確かめる場合は「그때, 어디 가고 있었어?(その時にどこに行っていたの・向かっていたの?)」も可能です。

「遊んでいた」韓国語で?

海でよく遊んでました:바다에서 자주 놀고 있었어요(X)
➡놀았어요 ※この文章でも過去に遊んでいたわけで、完了した過去の事実なので、過去形の놀았어요が自然です。

「言っていた」韓国語で?

どのように言っていましたか?:뭐라고 말하고 있었어요?(X)
➡말했어요? ※今言っているわけではなく、過去に言った、言われたということなので、過去形の말했어요が自然です。

「愛していた」韓国語で?

彼女を愛していました:그녀를 사랑하고 있었어요(X)
➡사랑했어요/사랑했었어요 ※ほぼ同じですが、사랑했어요に比べ、사랑했었어요は断絶のニュアンス、「もう愛しない」と心の断絶をはっきり表す表現になります。

解説動画

先日ユーチューブに公開した動画も是非ご覧ください。
【韓国語講座】日本人の大半が間違っている「~고 있다(している)」の使い方

「していた」韓国語で?まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、韓国語の表現「고 있었다, 고 있었다, 했어요(았/었어요), 했었어요(았/었었어요)」の意味の違いと使い分けを例文を交えて解説いたしました。

日本語と言い方、表現が違っていてよく間違えいる韓国語文法、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
고 있다, 아/어 있다の違い・使い分けを例文と名セリフで解説


韓国語学習の有益な情報

でき韓では、韓国語学習に役立つ様々な情報を発信しております!

韓国人先生と無料体験レッスン

最強講師陣!入会費、月会費なしの業界最安値!今すぐお好みの韓国人先生を見つけましょう。

でき韓ハングル講座-詳細&無料体験レッスン
無料アプリで韓国語学習

単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語学習アプリ「でき韓」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら

無料韓国語学習アプリ-できちゃった韓国語をダウンロード
でき韓 LINE友だち追加

でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで限定コンテンツと勉強になる最新情報をもらおう!

LINE友だち追加
でき韓 メルマガ登録

好評配信中!でき韓ではメルマガで韓国語学習に役立つ情報を配信しています。

メルマガに登録

韓国語文法「進行と完了」他の記事

韓国語文法の学習に強い「でき韓ブログ」です!
「「していた」韓国語で?고 있었다, 았/었다, 았/었었다の意味の違いと使い分け」は、韓国文法の重要なポイントの一つ、「進行と完了」の表現について説明する記事です。

以下の記事も、「進行と完了」に関する学習に役立ちます。

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(398)

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(388)

このブログの人気記事

韓国語学習に有用な記事