몸살, 감기몸살(風邪気味)の意味の違いと使い分け【韓国語 初級 単語】

◆質問 안녕하세요. 몸살は、だるさを感じたり、悪寒がする状態を言うようですね。 감기몸살は「風邪気味」という意味でいいのでしょうか? 잘 부탁합니다.

 

◆答え

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。
無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。
今回は、『몸살、감기몸살(風邪気味)の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

몸살、감기몸살の意味

まず、辞書ではこのように説明しています。

몸살:ひどい披露から来る病気
감기몸살:ひどい風邪

NAVER辞典

몸살、감기몸살の違いと使い分け

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、違いと使い分けを説明します。

韓国人が感じる몸살は「だるさ」よりひどい状態ですね。無理したり、ひどい風邪をひき、全身に痛みを同伴する「体の不調」を몸살といいます。
なので、감기몸살は既にひどい風邪をひき、病んでいる状態で、日本語だと「ひどい風邪」と訳すしかないかと思います。

「風邪気味」は감기기, 감기기운という言葉があります。
このような表現がよく使われます。

몸살、감기몸살の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 몸살 나다:体調不良になる、体調を崩す
  • 야근을 계속했더니 몸살 났어요:残業続きで体調を崩しました
  • 감기몸살 걸렸어요:ひどい風邪をひきました

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(125)

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(106)

  • 有料より良い無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。