【韓国語質問】韓国語の可能形と使役・受け身が混乱します

中級2の勉強中です。そこで疑問に思ったのですが「売れる」「見える」「見れる」など「〜れる」を表現したい場合、可能形の수있다を使う場合と全く違う表現になる場合の違いはなんでしょうか。 あと、用言の語幹に게を付けるとどういう意味になりますか?

◆答え

sho_ncook씨, 안녕하세요^^

可能形と使役・受け身に関するご質問ですね。結論から言うと、これは単語単位で覚えるしかありません。
動詞の自動詞に이/히/리/기/우다が付く韓国語の受け身はパターンが多く、規則性があまりないので、これらは単語として暗記するものです。
日本語も「られる」は可能形、受け身の2つの使い方があったり、「売られる・売れる」、「見られる・見れる」のように「〜れる」もあるので、
単語として定着したものとして、私もひたすら覚えていました。

例えば、
売る(팔다)、売れる・売ることが出来る(팔 수 있다:可能形)、売られる・売れる(팔리다:受け身)
食べる(먹다)、食べれる・食べられる・食べることが出来る(먹을 수 있다:可能形)、食べられる(먹히다:受け身)、食べさせる(먹이다:使役)
見る(보다)、見れる・見られる・見ることが出来る(볼 수 있다:可能形)、見られる・見える(보이다:受け身)

語幹+게は動詞・形容詞を副詞にする文法ですね!
예쁘다(綺麗だ)→예쁘게(綺麗に)
가다(行く)→가게(行くように・ことに)
맛있다(美味しい)→맛있게(美味しく)

いかがでしょうか?^^