【韓国語質問】”직접,알아서,자기,스스로(自分で)”の使い分けを教えてください

韓国語で”自分で”というには下の単語をそれぞれどのような場面で使うのか、またこれらの差異点など教えてください。 “自分”については、日本語ではとても幅広く使われますが、韓国語では自分を直訳した자기は使われないのでしょうか?

その場合は、何を자기の代わりに使うのか教えていただきたいです。 よろしくお願いします。 “自分で” 직접,알아서,자기,스스로 (これ以外にもあったら教えてください!)

◆答え

仰る通りで「自分」を検索すると、자기, 자신, 나, 저 などが出てきます。

자기は자기 일(自分のこと)、자기 나름대로(自分なりに)、자기자신(自分自身)など合成語として使われたり、または恋人を呼ぶ時にダーリング、ハニーのような感じで使う程度で、それ以外は자신と訳すことが多いです。それは恋人を呼ぶ자기と被るのも一つの理由です。

自分をあまり信じないで(자신을 너무 믿지마)
自分の強さを見せた(자신의 감함을 보여줬다)

「自分で」は스스로, 제가, 내가と訳します。自らやった本人が言う時は제가, 내가(私が)と言います。

自分のことは自分でやって(자기 일은 스스로 해)
自分で掃除しました(제가 청소했어요)
自分で調べて(스스로 알아봐)

직접, 스스로は言い方の違いだけで一緒。알아서は次に하다が付きます。
스스로 알아봐:自分で調べて
직접 알아봐:(あなたが)直接調べて(自分で調べて)
알아서 해・스스로 해:自分でやって

いかがでしょうか?^^