【韓国語質問】만약と혹시は、どう違いますか?

「もし」がいろんな意味で使われるので、韓国語にした時、混乱する・・よくあるパターンですね^^

 

만약は仮定、혹시は推測です。

 

만일, 만약(一緒):万が一、もし、もしも ※起きていないこと。仮定。「もし~しても、するなら」のように主に仮定文で使われます。

例)만일/만약의 경우(もしもの場合)

만약 내가 한국사람이라면(もし私が韓国人なら)

만약 내가 네 지갑 만졌으면 절교할게(もし俺がお前の財布を触っていれば絶交するよ)

만약 내일 지구가 멸망한다면(もし明日地球が滅亡するとしたら)
 

혹시, 혹시나:もし、もしかして、ひょっとして ※起きる可能性のあること。推測。疑問文で主に使われます。혹시나は話し言葉としてよく使います。

例)혹시 괜찮으시면(もしよろしければ)

혹시 낯가려요?(もしかして人見知りですか?)

혹시 사고?(もしかしたら事故?)

혹시 내 지갑 만졌어?(もしかして俺の財布触った?)

혹시 돈 있으면 좀 빌려주세요(もしお金があれば少し貸してください)

 

物が落ちて割れないように・・「起きていない仮定」ではなく「起きる可能性のある推測」なので혹시 떨어져서,,が正しいです^^

いかがでしょうか?

 

◆無料韓国語学習アプリ「できちゃった韓国語」の質問掲示板の内容をまとめています。
単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ:でき韓↓
https://www.dekikan.jp/dekikan.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。