過去連体形 던, 았던/었던, 았었던/었었던(やっていた)の意味の違いと使い分けを例文で解説

던, 았던/었던, 았었던/었었던(やっていた)の意味の違いと使い分け
던, 았던/었던, 았었던/었었던(やっていた)の意味の違いと使い分け
【質問】 하던, 했던, 했었던、どれも「やっていた」と翻訳するようですが、違いと使い分けを教えてください。
 
【答え】

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。
無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。
今回は、『던、았던/었던、았었던/었었던(やっていた)の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

連体形は日本語にあまりない概念なので混乱する方が多いですよね。さらに初級の後半で登場する「~던」の使い方には頭を抱えたと聞いています。今回は韓国語の過去連体形、던, 았던/었던, 았었던/었었던の意味の違いと使い方を分かりやすく説明します!

そもそも連体形がどんなものなのかが分からない方はこちらの記事をご参考にしてください↓
韓国語の連体形 ㄴ/은, 는, ㄹ/을の意味の違いと使い方を現役の講師が徹底解説

過去連体形「~던」

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、意味と使い方を説明します。

動詞・形容詞の語幹+던+名詞
 
※語幹とは動詞、形容詞の原型の語尾다を取り除いた部分
※던は持続を表す語尾、日本語で「やっていた+名詞」です。文脈によって最近、またはさっきまでやっていたことが終わっていない「未完了」、もしくは完全に「完了」しているという意味に分かれます

例文

  • 내가 읽던 책이 없어졌네(私が読んでいた本がなくなったな):読み終わっていない本【未完了】
  • 아까 마시던 물(さっき飲んでいた水):飲み終わっていない水【未完了】
  • 내가 자주 가던 가게(私がしょっちゅう通っていた店):今は行かない【完了】
  • 옛날에 사귀던 여자 친구를 만났다(昔、付き合っていた元カノに会った):もう別れていて今は付き合っていない【完了】
  • 작년에 살던 동네(去年住んでいた町):もう住んでいない【完了】
  • 어릴 때 타던 자전거(子供の頃に乗っていた自転車):もう乗っていない【完了】

過去連体形「~았던/었던、았었던/었었던」

過去連体形 던, 았던/었던, 았었던/었었던(やっていた)の意味の違いと使い分けを例文で解説
過去連体形 던, 았던/었던, 았었던/었었던(やっていた)の意味の違いと使い分けを例文で解説
動詞・形容詞の語幹+았던/었던+名詞
動詞・形容詞の語幹+았었던/었었던+名詞

 
※語幹の最後の母音(原型の語尾다の前の母音)が「ㅏ、ㅗ、ㅑ」の場合は았던, 았었던、その他は었던, 었었던が付きます。
※았던/었던, 았었던/었었던は韓国人も何となく感覚で使っていて「~던」とほぼ同じですが、大過去といい、던よりもっと昔、大分前の過去に完了したこと、心の断絶を表します。
※았던/었던と았었던/었었던も았었던/었었던の方がもっと昔に完了したこと、心の断絶を強調するニュアンスが増しますが、ほぼ同じ意味です。

 
★国立国語院でも던、았던/었던、았었던/었었던はほぼ同じ意味だと説明しています。던は未完了の意味もある、았던/었던、았었던/었었던は完了していること、던よりもっと昔のことを思い出す「断絶」、「回想」、「心理的な表現」だと覚えておきましょう!

★形容詞の場合も違いはないと言われています。

  • 흐리던 하늘이 맑게 개었다(曇っていた空がガラッと晴れてきた)
  • 흐렸던 하늘이 맑게 개었다(曇っていた空がガラッと晴れてきた)

例文

  • 10년전에 자주 갔었던 가게(10年前にしょっちゅう通っていた店):今は行かない【完了】
  • 옛날에 사귀었던 여자 친구를 만났다(昔、付き合っていた元カノに会った):もう別れていて今は付き合っていない【完了】
  • 오래전에 살았던 동네(大分前に住んでいた町):もう住んでいない【完了】
  • 대학생 때 썼던 가방(大学生の時に使っていた鞄):もう使わない【完了】
  • 자주 만났었던 친구지만 이제는 안 만나요(よく会っていた友達ですが、今はもう会いません)【完了】
  • 어제 먹었던 음식, 어땠어요?(昨日食べた料理、どうでしたか?):単語、文脈によっては、過去に一回のニュアンスもあります。
  • 전에 했던 실수를 또 했어요(前、行ったミスを繰り返しました)

하던、했던、했었던の違いは?

それでは、冒頭のでき韓アプリの掲示板で聞かれた質問に対して答えます。「하던、했던、했었던」の違いは何でしょうか?

하던、했던、했었던に関しても上記の通り、国立国語院は意味の違いはないと説明しています。
敢えて言えば、했었던の方がもっと過去、断絶を強調する心理的な表現です。

以下の文章で比べると、만났었던 사람が最も過去で心理的な断絶を表します。
만났었던 사람(会っていた人)>만났던 사람(会っていた人)>만나던 사람(会っていた人)

ㄴ/은, 던, 았던/었던, 았었던/었었던の例文比較

  • 죽은 개가 살아났다(死んだ犬が生き返った):犬は完全に死んでいた
  • 죽던 개가 살아났다(死にかけていた犬が生き返った):犬は完全に死んでいなかった
  • 죽었던 개가 살아났다(死んでいた犬が生き返った):犬は完全に死んでいた
  • 죽었었던 개가 살아났다(死んでいた犬が生き返った):犬は完全に死んでいた

던、았던/었던、았었던/었었던 まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、韓国語の過去連体形「던、았던/었던、았었던/었었던」の意味と使い方を例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

そして、いろんな単語の語尾に付けて活用してみてください^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
韓国語の連体形 ㄴ/은, 는, ㄹ/을の意味の違いと使い方を現役の講師が徹底解説

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインでお得な情報をもらおう↓
友だち追加

  • 有料より良い無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」