해 보다, 아/어 보다の意味と使い方を例文で解説

해 보다, 아/어 보다の意味と使い方
해 보다, 아/어 보다の意味と使い方(出典:TWICE 公式ユーチューブチャンネル)

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『해_보다、아/어_보다の意味と使い方』について解説いたします!

こちらは、韓国語 レベルの内容です。

TWICEがデビュー5周年を迎えました。
『Like OOH-AHH(우아하게)』という曲で早くもトップアイドルの座に上り詰めたTWICEですが、5年って早いものです。

ツイッターではメンバー全員がファンクラブの皆へ感謝の手紙を書いたとお知らせ。

아/어 보다の意味と使い方

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、意味と使い方を説明します。

TWICE『적어보았어요(書いてみました)』
TWICE 韓国語『적어보았어요(書いてみました)』

원스를 위한 편지를 적어보았어요
(ONCEのための手紙を書いてみました)

「語幹+아/어 보다」は「してみる」という意味です。
보았어요は縮約形として봤어요と言います。

아/어 보다の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 전 한국에 간 적이 있어요(私は韓国に行ったことがあります)
  • 전 한국에 가 본 적이 있어요(私は韓国に行ってみたことがあります)
  • 그 음식 먹어 보고 싶어(その料理、食べてみたい)
  • 그 영화 보고 싶었어요(その映画、見たかったです)
  • 시험 삼아 해 보다(試みにやってみる)
  • 열심히 해 봤지만, 실패했어요(一生懸命にやってみましたが、失敗でした)
  • 닥치는 대로 일을 했다(片っ端から働いた)

◆TWICE 5周年記念「ONCE WITH TWICE」動画はこちら↓↓

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(205)

  • 有料より良い無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」