『해 주세요VS하세요』(してください)の違い【動画付き】


初級の文型で韓国に旅行に行ったらがんがん使いたくなる「してください」、こちら韓国語でどのように言うか、皆さんはきちんと知っていますか?

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『해_주세요VS하세요』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

해 주세요VS하세요のニュアンスの違い

「してください」も韓国語だと二つあり「해 주세요」と「하세요」があります。
文型的には語幹+아/어 주세요, または語幹+으세요/세요ですよね。

こちら中級の方でも意外と正しく使えない方が多いです。
使い分けのポイントは「頼みありなし」ですね。頼みがあれば「아/어 주세요」
「으세요/세요」は頼みがなく、命令に近いニュアンスの表現です。

해 주세요VS하세요の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

「窓を閉めてください」↓
창문을 닫아 주세요:聞き手に丁寧に頼みたい場合
창문을 닫으세요:「閉めなさい」に近い

「私の誕生日パーティーに来てください」↓
제 생일 파티에 와 주세요:パーティーに来てほしいと丁寧に頼むニュアンス
제 생일 파티에 오세요:頼むより、積極的に誘うニュアンス

いかがでしょうか?今日こちらの使い分けを解説した動画を配信したので、是非ご参考にして「てください」の使い分けをマスターしましょう!

◆해주세요/하세요(してください)の使い分けが一発で分かる動画↓

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(362)

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(345)

♥この記事をSNSでシェア!