가르쳐 주세요と알려 주세요の意味の違いと使い分けを例文で解説【韓国語 初級 文法】

가르쳐 주세요と알려 주세요の意味の違いと使い分け
가르쳐 주세요と알려 주세요の意味の違いと使い分けを例文で解説

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、できちゃった韓国語の パク・ジョンヒョ と申します。
無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語 に寄せられる皆さんの韓国語や韓国に関するご質問に対して日々お答えしております。
今回は、『가르쳐_주세요と알려_주세요の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

blank

정해인大好き씨, 오늘도 수고하셨어요^^ 前も生徒さんに同じ質問をされたことがあります。
似ている言葉ですが、多少意味が違います。

가르치다, 알리다の意味

まず、辞書ではこのように説明しています。

「가르치다」:(知識を)教える ※指導、教育
「알리다」:(情報・事実を)教える・知らせる・伝える

NAVER辞典

가르쳐 주세요と알려 주세요の使い分け

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 「明洞駅への行き方を教えてください」
    명동가는 법을 가르쳐 주세요(ㅇ)
    명동가는 법을 알려 주세요(ㅇ)
    ※行き方を教える、行き方の情報を伝える、どちらもあり
  • 「韓国語を教えてください」
    한국어를 가르쳐 주세요(ㅇ) 
    한국어를 알려 주세요(×)
    ※指導、教育を教えるので「가르쳐 주세요」
  • 「バスが来たら教えてください」
    버스가 오면 가르쳐 주세요(×)
    버스가 오면 알려 주세요(ㅇ) 
    ※バスが来た事実を「知らせてください・伝えてください」という意味なので「알려 주세요」
  • 「電話番号を教えてください」
    전화번호 가르쳐 주세요(ㅇ)
    전화번호 알려 주세요(ㅇ)
    ※番号の情報を「知らせてください・伝えてください」、番号を教える行為を教育と捉えることもできるので、どちらもあり

この例文でお分かりの通り、知識か、情報・事実かの棲み分けが難しいところもあり、韓国でも混用され、そのまま定着した表現もも多いです。

基本的には가르쳐 주세요が幅広く使われています。どれを使うかで迷ったら「知らせる、伝える」の意味でしたら「알려 주세요」、そうじゃない場合は「가르쳐 주세요」を使ってもほぼ問題ありません。

가르쳐 주세요と알려 주세요 まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、韓国語の表現「가르쳐 주세요、알려 주세요」の意味と使い方を例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
사다 주세요と사 와 주세요(買ってきてください)の意味の違いを教えてください!

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで勉強になる最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(290)

韓国語学習:上級とは

上級レベルは、専門分野において必要な言語(ハングル)をある程度理解と使用ができ、政治・経済・社会・文化などの身近なテーマについて理解し、使用できます。 口語、文語的な言語(ハングル)を適切に区分し、使用できます。 ネイティブ程度までではないが、自己表現を問題なく話すことができます。

上級記事(291)

♥この記事をSNSでシェア!