【韓国語勉強】돌아가시다(トラガシダ:亡くなる・帰る)

初級で敬語は壁とも言われます。韓国語は儒教文化の国で上下関係が厳しく、助詞も敬語があるなど、日本語より厳しくて難しいところがあります。

敬語には日本語の「仰る、いらっしゃる」のように敬語の単語が別途存在していて、「죽다(死ぬ)」の敬語は「돌아가시다(亡くなる)」です。

ところで、今日のレッスンで生徒さんに聞かれたことです。
돌아가다(帰る)の敬語は、시다が付いて돌아가시다になり、「亡くなる」の돌아가시다と同音異義語になるんですか?

正解は、はい!その通りです。以前、毎日でき韓でも紹介した通り、들어가다(入る)、돌아가다(帰る)、들어가시다(亡くなる)はそもそも似ていて、混乱しやすい単語です。

・선생님, 벌써 돌아가셨어요?
(先生、もう帰られたんですか?、先生、もう亡くなったんですか)

しかし、実際ネイティブの日常会話では、「亡くなる」という恐ろしい意味に誤解されるのを避けるために、들어가셨어요?(家に入りましたか=帰ったんですか)または집에 가셨어요?(家に帰ったんですか)という言い方をすることが多いです。^^