고と아서/어서(して)の意味の違いと使い分けを例文で解説【韓国語 初級 文法】

고と아서/어서(して)の意味の違いと使い分けを例文で解説
고と아서/어서(して)の意味の違いと使い分けを例文で解説
【質問】 質問があります。「命がけで仕事をする」と言う時に、목숨을 걸고 일한다と言うのはなぜですか。「命をかける」と「仕事をする」は、単なる並列ではなく、緊密に結びついた事柄なので、むしろ 목숨을 걸어서 일한다と言うべきでは
ないでしょうか。よろしければ、教えてください。
 
【答え】

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『고と아서/어서(して)の意味の違いと使い分け』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

blank

韓国語は単語も文法も細かく分けて使います。そのため、外国人からするとややこしくて間違いやすいですよね。今回は고と아서/어서(して)の意味の違いと使い分けを分かりやすく説明します^^

고と아서/어서(して)の意味の違いと使い分け

中級、上級の方でもよく間違える初級文法があります。
どちらも日本語だと「して」になる「고」と「아서/어서」です。皆さんはちゃんと理解されていますでしょうか?

作文を添削していると、長文が書ける上級の方でもかなりの頻度でこちらの使い方を間違っていることが分かりました。

無料韓国語学習アプリ「でき韓」初級2の「아서/어서(理由・原因)」編でも説明していますが・・

語幹+고:単なる並列
語幹+아서/어서:理由・原因、先行動作など、前文と後文が緊密に繋がっている

 
使い分けは前文と後文が関係があるか否かで判断してください。理由や原因、先行動作など、前文と後文が繋がっているのであれば、아서/어서が正しいです。
一方、前文と後文が繋がっているか否かが判断しにくい場合があります。ご質問のような文章ですね。

「命がけで仕事をする」韓国語で?

「命をかける」と「仕事をする」は、単なる並列ではなく、緊密に結びついた事柄なので、むしろ 목숨을 걸어서 일한다と言うべきではないでしょうか?

➡確かにそう思うかもしれません。아/어서は前文後文が理由・原因で繋がっている、または「서점에 가서 책을 샀다(本屋に行って本を買った)のように時間の前後(先行動作)で繋がっている必要があります。
「命をかけたので仕事する」「命をかけてから仕事する」が成立しないため、この場合は고を使って「목숨을 걸고 일하다」といいます。 前文が直接的に後文に影響を及ぼす場合のみ、아/어서を使うことになります。

고と아서/어서の例文

고と아서/어서の意味の違いと使い分け
고と아서/어서の意味の違いと使い分け

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 友達に会って図書館に行きました。
    친구를 만나서 도서관에 갔어요. ➡図書館に一緒に行った友達は前文の人
    친구를 만나고 도서관에 갔어요. ➡図書館に一緒に行った友達が前文の人なのかは不明
  • 배가 아프고 머리도 아파요(お腹が痛くて頭も痛いです)
    배가 아파서 병원에 갔어요(お腹が痛くて病院に行きました)
  • 음악도 듣고 청소도 하고 운동도 해요(音楽を聞いて掃除をして運動もします)
  • 음악을 들어서 기분이 좋아졌어요(音楽を聞いて気分がよくなりました)
  • 청소를 해서 집이 깨끗해요(掃除をしたので、家が綺麗です)
  • 사과도 사고 딸기도 샀어요(リンゴも買っていちごも買いました)
  • 한국이 좋아서 한국어를 공부해요(韓国が好きで韓国語を勉強しています)

皆さんの理解のために先ほど動画を配信しました。是非ご参照ください。

レッスン動画

パク先生の動画でしっかり身につけましょう!^^
【一発韓国語】고と아서/어서(して)の使い分け↓

まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、고と아서/어서(して)の意味の違いと使い分けを例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現が多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
아서/어서, 으니까/니까, 기 때문에(から・ので)の違いと使い分けを例文で解説
고 오다, 아/어 오다(してくる)の意味の違いと使い分け

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(358)

韓国語学習:中級とは

中級レベルは、日常生活を問題なく過ごせ、様々な公共施設の利用や社会的関係を維持するための言語(ハングル)使用が可能。文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能です。 ニュースや新聞をある程度理解でき、 慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに様々な文章が理解できます。

中級記事(341)

♥この記事をSNSでシェア!