이라고(イラゴ), 라고(ラゴ)の違いと使い方を例文で解説【韓国語 初級 文法】

이라고(イラゴ), 라고(ラゴ)の違いと使い方
방탄소년단의 맏형, 진이라고 합니다(防弾少年団の最年長、JINと申します)画像出典:BTS V LIVE

韓国語の勉強・ハングルの学習をお手伝いしております、無料韓国語学習アプリ できちゃった韓国語パク・ジョンヒョ と申します。
皆さんの韓国語勉強に役立つ様々な情報を日々配信しております。
今回は、『이라고、라고の違いと使い方』について解説いたします!

こちらは、韓国語 / レベルの内容です。

韓国語助詞一覧:韓国人がよく使う助詞のまとめ、使い方【完全保存版】はこちら☜
blank

も、と、に、が、を・・・日本語も沢山の助詞がありますよね。韓国はさらに沢山の助詞を使い分けしています。今回は이라고/라고を分かりやすく説明します^^

이라고、라고の違いと使い方

実際、韓国人が日常でどのように使っているか、意味と使い方を説明します。

日本語の「と」は二つの使い方がありますよね。

①あたなと私 ➡ 名詞を複数列挙する時の「と」
②美味しいと言っていました ➡ 引用する時の「と」

 
①の「と」は、なんと韓国語で하고, 이랑/랑, 와/과、5つ存在していて使い分けが大事です。詳しくはこちらの記事をご参考にしてください。

韓国語の助詞 하고, 이랑/랑, 와/과(と)の意味の違いと使い分けを例文で解説

②の「と」はパッチム有無により、이라고/라고を使います。(※名詞の最後の文字にパッチムがあれば이라고)

IZ*ONE(アイズワン)の야바이라고

アイズワン『야바이라고』(やばいって)
アイズワン『야바이라고』(やばいって)
アイドルの動画で楽しく韓国語を学びましょう。日本人メンバー3人、オーディション番組により話題の中で誕生した「IZ*ONE(아이즈원-アイズワン)」、彼女らが出演したバラエティー番組で話題になったシーンがあります。

日本人メンバー3人が好きな韓国人メンバーを選ぶ動画が超面白くて、字幕付きでユーチューブで公開しました。
この動画で印象深いのが最後まで残されたユリさんの台詞「야바이라고:ヤバイラゴ」です。

韓国でもTWICEやアイズワンの日本人メンバーの人気により、日本語はかなり広まっているとのこと。
「名詞+이라고/라고」は「OOと、OOって」という意味なので、「야바이라고」は「やばいって、やばいよ」という意味になります。
「야바이」を名詞化して言っているのが面白いですね。

「名詞+이라고/라고」をよく使うパターンとしては自己紹介する時の「저는 야마모토라고 합니다(私は山本といいます)」ですね!

メンバー全員の魅力がきらめいていて、一度観るともう一度観たくなる今回の動画も見てみてくださいね!

【IZ*ONE(아이즈원-アイズワン)】日本人メンバーが好きな韓国人メンバーは?↓

이라고、라고の例文

単語・文法は必ず例文とともに覚えてください。それでは、例文を見てみましょう。

例文

  • 저는 마츠모토 준이라고 합니다(私は松本潤と申します)
  • 저는 아야세 하루카라고 합니다(私は綾瀬はるかと申します)
  • 뭐라고?(なんて?、何だと?)
  • ‘너는 할 수 있어’라고 말해줄 수 있어요?(『君はできる』と 言ってもらえませんか?)
  • “사랑해”라고 써봐(「愛してる」って書いて)
  • 지금 2021년이라고?(今、2021年だと?)
  • 바보라고 쓰여있다(馬鹿と書かれてる)
  • ‘노란색’이라고 합니다(「黄色」だそうです)
  • 방탄소년단의 ‘진’이라고 합니다(防弾少年団のジンと申します)

まとめ

いかがでしょうか^^

今回は、이라고(イラゴ), 라고(ラゴ)の違いと使い方を例文を交えて解説いたしました。
韓国語は言葉や表現、そして助詞も多いので、例文を使って正しい使い方を覚えてくださいね^^

いろんな名詞に付けて活用してみてください^^

こちらの記事もご参考にしてください↓
助詞 ‘と’は韓国語で何?라고, 하고の意味の違いと使い分けを例文で解説

★単語・文法・動画レッスンも!無料韓国語アプリ「できちゃった韓国語」も是非ご利用ください。ダウンロードはこちら↓
無料韓国語学習アプリ ダウンロード

★でき韓の公式ラインアカウントをフォローし、ラインで最新情報をもらおう↓
友だち追加

韓国語学習:入門とは

入門レベルは、韓国語がまったく分からないレベルから韓国語の文字(ハングル)がやっと読める程度、挨拶や簡単な自己紹介が少しできるレベルです。

入門記事(129)

韓国語学習:初級とは

初級レベルは、自己紹介、買い物、飲食店での注文など生活に必要な基礎的な言語(ハングル)を駆使でき、身近な話題の内容を理解、表現できます。 約800~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できます。 簡単な生活文や実用文を理解し、構成できます。

初級記事(129)

♥この記事をSNSでシェア!